PR

ドジャース・大谷翔平選手の新居報道についてフジテレビ社長が謝罪

フジテレビ本社ビル NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

フジテレビは5日、東京・台場の同局で定例社長会見を行いました。ドジャースの大谷翔平選手(30)の新居報道について、港浩一社長は「フジテレビの報道により、大谷選手とその家族、代理人をはじめとする関係者にご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思っております」と謝罪しました。

ドジャース・大谷翔平選手の新居報道についてフジテレビ社長が謝罪

フジテレビ本社ビル

新居に多くの観光客や地元の方が訪れる状況が発生しているため、今週、放送やホームページ上で視聴者の皆様に大谷選手の自宅をはじめ、プライベートな空間を訪れることはお控えいただくようお願いしました。また、一部メディアでフジテレビがドジャースの取材パスを凍結されたと報じられていますが、当社が取材パスを失い、ドジャースの取材ができなくなった事実はなく、適切な取材を心がけながら、現在も取材を続けています。

さらに、小林毅専務取締役は「今回の件に関しましては、大谷選手サイドとはさまざまなやりとりをしております。詳細な中身については控えさせていただきますが、そういうやりとりがありました」と大谷サイドとのやりとりがあったことを明かしました。謝罪に至った経緯については「今回の放送につきましては、我々が報道したことが1つのきっかけになって、観光客、地元の方がご自宅周辺に訪れるという、周辺を含めて迷惑かけたと。その結果に対して、我々としても何らかの意思表示をしなければならないと判断した結果」と説明しました。

フジテレビは6月21日、大谷の新居購入の報道をめぐり同局がドジャースの取材パスを凍結されたとする一部報道について、スポニチ本紙の取材に「フジテレビが取材パスを失いドジャースの取材ができなくなったという事実はない」と回答していました。

問題の発端は、大谷が米ロサンゼルスで購入した12億円の豪邸についてフジなどが詳細に放送したこと。これに大谷側が激怒し、ドジャースが取材パスを凍結したなどと一部週刊誌で伝えられた。この報道が出た後もフジがドジャース戦などの映像を放送していることについて、SNSでは疑問視する声が上がっていました。

大谷側が新居の詳細報道に激怒したのは事実で、同局は「大谷翔平選手と関係者の皆様にご迷惑をかけ、不快な思いを抱かせたことを大変申し訳なく思っています」と謝罪。「今後、適切な取材を心掛けていきます」としていました。

3日放送の情報番組「Live News イット!」(月~金曜後3・45)、4日放送の朝の情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)などでも新居報道については謝罪していた。その後、それぞれの公式サイトを更新し、謝罪文を掲載した。

大谷選手の新居報道について、今後の報道活動に対する注目が高まっています。フジテレビは適切なバランスを保ちながら、読者に正確な情報を提供することを心掛けていくことでしょう。