PR

JAL初のCA出身女性社長、鳥取三津子氏「いろんな人に自分もできると思ってもらえれば」

JALの鳥取三津子社長 NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

日本航空(JAL)は、鳥取三津子専務が次期社長に昇格する人事を発表しました。彼女は1985年にCAとして入社し、コロナ禍では執行役員客室本部長として、人材の育成と社員のモチベーション維持の両立を図ったということです。鳥取氏の社長就任は、同社初の女性社長であり、日本の大手企業としても世界的な航空会社としても珍しい人事となりました。

JAL初のCA出身女性社長、鳥取三津子氏「いろんな人に自分もできると思ってもらえれば」

日本航空(JAL)の第14代代表取締役社長である鳥取三津子氏は、JALと2004年に合併した日本エアシステム(JAS)出身であり、「異分子トップ」とも称されています。

彼女は短大卒の女性として、JALのトップに抜擢されたことで注目を浴びています。鳥取氏は、女性管理職を増やす日本政府の取り組みにも一石を投じており、JALは女性が率いる数少ない日本のトップ企業の一つとなりました。

彼女は安全性にも熱心であり、JALのCAの厳しいトレーニングにも注目が集まっています。

このように、鳥取氏は異なる経歴を持ち、JALのトップとして多くの人々にインスピレーションを与えています。

JALの変革:鳥取三津子氏のリーダーシップ

日本航空(JAL)は2010年の経営破綻後、大きな変革を遂げました。金融業以外では日本史上最大の企業倒産でしたが、国の大規模な財政支援により運航を継続し、新たな取締役会と経営陣のもとで抜本的な事業再編を進めました。

この変革の中で、鳥取三津子氏が社長に就任しました。彼女は短大卒の女性として、JALのトップに抜擢され、異分子として注目されています。稲盛和夫氏(2022年に死去)のリーダーシップのもと、JALは第一線の人材を登用し、整備畑出身の赤坂祐二氏が社長から会長に就任するなど、長い改革の道のりを歩んできました。

日本政府は女性管理職の増加を目指しており、東証プライム上場企業の女性役員比率を30%に高める目標を掲げています。鳥取氏は「本気で取り組まなくては難しい」と語り、女性自身が自信を持って管理職になり、活躍することが大切だと考えています。彼女の存在は、多くの人々にインスピレーションを与え、能力を発揮するきっかけとなっていることでしょう。

鳥取三津子氏の異色の経歴

鳥取三津子さんは、日本航空(JAL)の第14代代表取締役社長で、2024年4月に就任しました。

彼女は福岡県立伝習館高等学校を卒業し、活水女子短期大学の英文科を修了しました。

1985年に東亜国内航空(後のJAS・日本エアシステム)に客室乗務員として入社し、その後、客室本部長などの役職を経て、昨年6月に代表取締役専務に就任しました。

鳥取さんは、女性並びに短大卒で旧日本エアシステム(及び東亜国内航空)出身者・客室乗務員出身者がJALの社長を務めるのは初の事例となります。彼女の異色のキャリアパスにも注目が集まっています。