PR

ビニール傘の盗難防止!笑えるほど効果的な方法が話題に

ビニ傘マモルくん NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

「雨の日、ビニール傘が盗まれた…」そんな経験をした知人の落胆を見て、前田さんが考案した「究極の盗難防止グッズ」がSNSで大いに話題になっています。そのインパクトは、盗むどころか、手を触れることすらためらわせるほど。人間の心理を巧みに利用したこのアイデアについて、制作者の前田さんに話を聞きました。

ビニール傘「究極の盗難防止」がXで話題「これは持っていかないわ笑」

SNSで話題沸騰中の「究極の盗難防止グッズ」は、前田(@chin25454)さんが投稿したビニール傘の画像から始まりました。一見すると、何の変哲もないビニール傘。しかし、その柄を見ると、驚きのアイデアが。そこには、太った〝ナメクジ〟がくっついているのです。これは実は粘土細工。そのリアルな見た目には、「見つけたら変な声が出る」「傘立ての周りで阿鼻叫喚」「これは持っていかないわ笑」「究極の防犯システム」「ほしい」といったコメントが寄せられ、大きな反響を呼びました。

雨の日のコンビニで〝試験済〟

この粘土細工を作ろうと思い立ったのは、昨年12月頃。雨の日、飲食店を利用していた前田さんの知人が、傘置き場に置いておいた自分のビニール傘がなくなり、代わりに汚いビニール傘が残されているのを見て、落胆していたのがきっかけでした。「こういう行為を、なんとかやめさせることはできないか」と考えた前田さん。そこで生まれたのが、この「ビニ傘マモルくん」です。

前田さんが作りたかったのは、ただ単に傘の取り間違えを防ぐだけでなく、触る気持ちすら折る、よりインパクトの強いものでした。そのために考えた条件は、「雨の日や雨上がりに見かけるもので、傘についていても不思議ではない」もの、「多くの人が嫌悪感を抱く」もの、「触ると危険」だと認識されているもの。その結果、選ばれたのが「ナメクジ」でした。

粘土で形を作り、乾燥させ、絵の具で着色し、コーティングしてぬめり感を出す。そうして2~3日で完成したのが「ビニ傘マモルくん」です。試験的に雨の日に近所のコンビニの傘立てに置いてみたところ、「全く盗まれませんでした」。その効果は絶大で、一つ1500円(税込)で販売したところ、完売したそうです。

SNSで話題になった後は、テレビのクイズ番組に出演したり、ガチャガチャの商品化の話が持ちかけられたりと、注目を浴びる「ビニ傘マモルくん」。実際に購入して傘に付けている人が「なぜか女子高生に大人気だった」と投稿しているなど、予想外の展開になっているとのことです。現在、手作業で再度作っている最中で、粘土細工の性質上、傘の持ち手に合わせて形を選ぶ方がフィットするそうです。そのため、ネット通販ではなく、イベントなどの店頭販売のみとする予定です。

以上が、前田さんが考案した「ビニ傘マモルくん」の物語です。これからも、前田さんの創造力とユーモラスな発想に期待が寄せられます。この記事が、皆さんのビニール傘の盗難防止に役立つことを願っています。それでは、雨の日も安心して、お出かけください!

なぜか女子高生に大人気なんだそうですよ。(笑)

ビニ傘マモルくん 購入してもいいかも・・・。