PR

「NHKのど自慢」で高橋洋子が「残酷な天使のテーゼ」を披露、その動画が話題に

高橋洋子 NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

『初めての「#NHKのど自慢」は私を初心に還らせてくれました!「なぜ歌い始めたんだろう?」そんな遥か昔の記憶を辿りながら皆さんの歌に聴き入りました♪歌が好きっていう当たり前で特別な時間に出会えとても楽しかったです!ありがとうございました♪』とコメントしている。

x.com

歌っている横顔が、故 八代亜紀さんに似てると感じたのは、筆者だけだろうか?(笑)

高橋洋子 公式サイト

「残酷な天使のテーゼ」コーラス部分の歌詞、及川眠子が大森俊之に尋ねて明らかに

正解は「ファリヤーセタメソ、ファリヤートゥセー」 突然に宇宙から下りてきた言葉らしい。笑

飲用 音楽ナタリーより

「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」などの制作エピソードを、作詞家の及川眠子が音声配信プラットフォーム「Artistspoken」で今月末に公開するとTwitterで発表した。

及川はTwitterで、作編曲家の大森俊之との対談を収録したことを報告。その中で、「残酷な天使のテーゼ」の歌詞の不明だったコーラス部分が「ファリヤーセタメソ、ファリヤートゥセー」であることが判明したと明かした。この部分は、及川ではなく大森が考案したもので、「突然宇宙から降りてきた言葉のようだ」と述べた。

さらに、及川はTwitterで、「他の作詞家に決めていたけど、及川さんに書いてもらうように依頼し、(高橋)洋子ちゃんは別のレコード会社に所属していたけど、時間があったから借り入れて、大森さんは宇宙から未知の言葉が降りてきて、『残酷な天使のテーゼ』が生まれた。全員が面白いけど売れないだろうと思っていた」と、同曲の制作過程を振り返った。現在でもカラオケランキングの上位にいるほどの人気曲となった同曲について、感慨深く語った。「関わった人たちと深く話すと、奇跡とは言えないけど、不思議な偶然が重なっていることがわかる。その偶然は『縁』とも呼ぶ」と述べた。

高橋洋子さんの現在


高橋洋子さんは、2024年現在も引退状態から復帰し、音楽活動を精力的に行っています。新曲の発売やライブに加えて、テレビにも頻繁に出演しています。

彼女は、2000年代前半に仕事が途絶え、一時的に介護の仕事をしていた時期もありました。しかし、その後音楽と再び向き合う情熱を取り戻し、2005年から音楽活動を再開しました。

また、高橋洋子さんの家族も音楽関連の仕事に就いています。彼女の姉はボイストレーナーで、弟は作曲家だそうです。

高橋洋子さんは、長年にわたり「エヴァンゲリオン」のテーマ曲などを歌い、その楽曲は何年経ってもファンの心を掴んで離さないようです。彼女の歌唱力とパフォーマンスは、ステージでもとても盛り上がり、観ていて楽しいと評判です。

これらのことから、高橋洋子さんは2024年も大人気で、歌の仕事を続けていることがわかります。

高橋洋子さんの代表曲


高橋洋子さんの代表曲として最も知られているのは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」です。

この曲は1995年にリリースされ、そのパワフルな歌声と印象的なメロディーで広く認知されています。

また、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」の主題歌「魂のルフラン」も彼女の代表曲として非常に人気があります。

これらの曲は現在でも多くのファンに愛され続けており、高橋洋子さんの音楽キャリアを象徴する作品となっています。他にも彼女の歌唱した曲は多数ありますが、これら2曲が特に代表的と言えるでしょう。