PR

『ラヴィット!』田村真子アナ、ステージの中心で赤面 「私、やりたくないんですけど…!

田村真子アナ NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

TBS系朝の情報番組「ラヴィット!」で24日、同局の田村真子アナウンサー(28)がスタジオ生出演。番組が始まって6分たったころに、ある挑戦をしたが、失敗し、赤面した。

『ラヴィット!』田村真子アナ、ステージの中心で赤面 「私、やりたくないんですけど…!

田村真子アナウンサーは、『ラヴィット!』の番組内で、度々、生歌唱を求められるシチュエーションに直面しています。その度に、彼女は音程を掴むのに苦労し、失敗を繰り返すことで、視聴者の前で赤面することになりました。

特に、6月24日の放送では、女性2人組ユニット「kiroro」の新曲「未来へ」の発売日ということで、田村アナに同曲の生歌唱が求められました。

スタジオにセットされたキーボードの横に静かに立ち、カメラ目線で歌い始めましたが、曲がクライマックスに達すると、音を外してしまい、顔を赤らめました。しかし、彼女は動揺しながらも歌を最後まで歌い上げ、少し落ち込んだ様子で元の位置に戻りました。

他の出演者から歌唱をからかわれると、田村アナは顔を赤らめ、「やりたくないんです! でも、がんばってるんです!」と、両手を振りながら、自分の立場を訴え、スタジオを笑いで包みました。

インターネット上では、

  • 「そんな田村アナにキュンときた」
  • 「前を向いて歌うところで声が裏返るのが可愛かった」
  • 「Kiroroの未来へを歌った田村さん、勇気あるし凄い」

と、田村アナの挑戦心を評価する声が多く寄せられました。彼女は、用意された演出を断らずに、自分の限界を超えて挑戦し続ける姿勢を見せています。

これからも、田村アナの成長と挑戦を応援し続けましょう。

その他のエピソードえっ?マジ?

田村真子アナウンサーについてのいくつかのエピソードをご紹介しますね。

田村アナは、元厚労大臣の田村憲久衆議院議員の娘で、そのため「お嬢様」と報じられることが多いです。

しかし、彼女の人柄については、「出しゃばらず、それでいて出演者の良さを引き出してくれる。とにかく謙虚」と評されています。

田村アナは上智大学在学中、議員宿舎から通学していました。また、彼女が子供の頃には「姫」と呼ばれていたというエピソードがあり、地元では「小学校時代、彼女の通学時に校長と教頭が校門まで毎日出迎えに来ていた」との逸話が残っています。

田村アナの家族は三重県屈指の名門一家で、父親だけではなく、曽祖父の田村秢、大伯父の田村元も衆院議員を務めました。また、田村アナの祖父・田村憲司は三重県商工会議所連合会の会長でした。

これらのエピソードから、田村アナの人柄や背景を少し理解することができます。彼女の謙虚さと努力は、視聴者からの高い評価を得ています。

これからも彼女の活躍を期待しています!