PR

洗脳告白のaiko 1億円損害訴訟で元取締役に対峙!特別背任裁判の全貌

aiko NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

人気歌手のaikoさんが所属する事務所に約1億円の損害を与えた罪に問われている元取締役の裁判で、aikoさん本人が証人として出廷し、「洗脳されていました」などと訴えました。

洗脳告白のaiko 1億円損害訴訟で元取締役に対峙!特別背任裁判の全貌

aikoさんの洗脳告白とは?

シンガーソングライターのaikoさんが、所属事務所の元取締役・千葉篤史被告の裁判で、「すべてにおいて洗脳されていた」と告白しました。

千葉被告は、2016年から2019年までの間に、ツアーグッズを本来より高い値段で知人の会社から仕入れ、所属事務所におよそ1億円の損害を与えた罪に問われています。

千葉被告は、aikoさんの“育ての親”とも呼ばれていましたが、彼による支配の実態が明らかになりました。

aikoさんは、「外部の人とのつながりを持たせないように、千葉さんが全部周りを囲ってしまう状態で、千葉さんしか話ができる人がいなかった」と証言しました。

このような状況下で、aikoさんは自身の音楽制作に影響が出てしまうという恐怖から、千葉被告に逆らうことができなかったと述べています。

千葉被告が水増し分を自分の口座に入金し、ブランド品などの購入に充てたと主張されています。

この事件は、aikoさんのファンや音楽業界に大きな衝撃を与えています。

千葉被告の裁判結果はどうなりましたか?


千葉被告の裁判結果については、現時点では詳細な情報が見つかりませんでした。

千葉被告は、裁判で「自分の利益のために会社に損害を与えたことはない」と起訴内容を否認しています

aiko今後の活動

シンガーソングライターのaikoさんは、これからも活発に活動を続ける予定です。以下にその詳細をまとめてみました:

  • ライブ活動:aikoさんは全国19箇所30公演を回ったホールツアー<Love Like Pop vol.23>を成功させました。また、「MTV VMAJ 2023」にLIVE ACTとして出演することが決定しています。
  • 新曲リリース:aikoさんは新曲「相思相愛」をリリースしました3。また、新曲「いつ逢えたら」が2023年4月10日から放送開始のTVアニメの主題歌になりました。
  • アルバム制作:aikoさんはセルフプロデュースとなって2作目のアルバム『今の二人をお互いが見てる』を発表しました。

これらの活動を通じて、aikoさんは引き続き音楽シーンでの活躍を見せてくれるでしょう。

千葉篤史被告はどのような人物ですか?

千葉篤史被告は、シンガーソングライターのaikoさんが所属する事務所「Buddygo」の元取締役で、彼女の「育ての親」とも呼ばれていました。

彼は2016年から2019年までの間に、ツアーグッズなどを本来より高い値段で知人の会社から仕入れ、所属事務所に約1億円の損害を与えた罪に問われています。

千葉被告は、水増し請求で得た金で車や服を購入していたと報じられています。また、彼はaikoさんを孤立させ、外部の人とのつながりを持たせないようにしていたとされています。

これらの行動は、aikoさんが「全てにおいて洗脳されていた」と証言する原因となりました。

千葉被告は他の事件でも問題視されたことは?

千葉篤史被告について、他の事件で問題視されたという具体的な情報は見つかりませんでした。

彼は主にaikoさんの所属事務所「Buddygo」の元取締役として知られ、現在は会社に約1億円の損害を与えたとして特別背任の罪で起訴されています。

ただし、彼の行動は以前から業界内で疑問視されていたようです。例えば、「週刊文春」は2019年に「aiko育ての親が背任疑惑でクビになった」と題した記事で千葉被告について報じています。

また、彼の怪しい金の流れは昔から有名だったとの声もあります。

18日に東京地裁で行われた証人尋問では、aikoさん本人が出廷しました。aikoさんは遮蔽板越しに、「ライブで見ている景色はずっと変わらないのに、金が厳しいと言われたときに自分の中でずれが生じた」「現場の空気が重くなるくらい毎日つらかった。全てにおいて[洗脳されていました」などと述べました。

そのうえで、「今音楽を続けられていて本当にほっとしています」と述べ、「ちゃんと心の底から反省してほしいです」などと訴えました。(ANNニュース)