PR

人力車の引手127万円の月収と厳しい研修、夢と現実の間で揺れる希望者たち

最高月収127万円…「人力車」の引手に希望者殺到も 約8割が研修中にやめる厳しい現実 NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

浅草の街を颯爽と駆け抜ける人力車。実は、インバウンド景気の中、今「高収入」の引き手が次々誕生しているといいます。給料爆上がり?月収100万円超え「人力車」のヒミツと、その舞台裏を追跡します。

人力車の引手127万円の月収と厳しい研修、夢と現実の間で揺れる希望者たち

ANNニュースより

約8割の人が引き手になれずに途中でやめてしまいます


「人力車」の引手として働くことは、一見魅力的な職業に見えます。最高月収はなんと127万円にも達し、インバウンド景気の中で「高収入」の引き手が次々と誕生しています。

しかし、その裏には厳しい現実が待っています。

人力車の引き手になりたいと希望する人々が増えており、多い月には50人以上の応募があるそうです。

しかし、その中から面接で選ばれるのは3分の1以下。さらに、数カ月にわたる厳しい研修が待っています。現在の研修生は45人で、その3割が女性です。

研修は厳しく、約8割の人が引き手になれずに途中でやめてしまいます。

それでも、残った人々は「人力車ドリーム」を目指します。その理由の一つは、高収入を得ることが可能だからです。

人力車の料金は、2人乗車の場合10分5000円、60分なら2万円です。

この会社の引き手の基本は時給制で、キャリアにより1時間1300円から4000円です。さらに、モチベーション向上のため、様々なボーナス制度があります。

しかし、この仕事はただ高収入を得るだけではありません。引き手は、流暢な英語、中国語、韓国語、他にもインドネシア語など、なんと5カ国語を使いこなす必要があります。また、おもてなし力でリピーターやファンを増やすことも重要です。

この厳しい現実にもかかわらず、「人力車ドリーム」を追い求める人々がいます。それは、自分自身の夢を追い求めるためです。それが、「人力車」の引手という職業の魅力と厳しさ、そして現実です。

ボーナス制度とは何ですか?

「人力車」の引手として働く人々には、様々なボーナス制度が用意されています。

まず、基本的な給与は時給制で、キャリアにより1時間1300円から4000円となっています。そして、モチベーション向上のために、以下のようなボーナス制度が充実しています。

  • 売り上げ目標達成ボーナス:1日の売り上げ目標を超えると、賞金や歩合が増加します。
  • 勤務日数ボーナス:月の勤務日数によるボーナスもあります。

これらのボーナス制度により、頑張れば頑張るほど収入が増える仕組みとなっており、トップクラスの引手は月収100万円以上を稼ぐことも可能です。このような制度が、「人力車ドリーム」を追い求める人々を支えています。

ボーナス制度以外に、福利厚生は?

「人力車」の引手として働く人々には、ボーナス制度以外にも以下のような福利厚生が用意されています。

  • 社員登用制度:優秀なパートタイムの引手は、社員として登用される可能性があります。
  • 制服貸与:引手として働くための制服は会社から貸与されます。
  • 研修制度:新人引手は、人力車の運転方法やお客様への接客方法などを学ぶための研修を受けます。
  • まかない(食事)制度:引手は、勤務中に食事を提供されます。
  • 交通費支給:通勤にかかる交通費は、一部が会社から支給されます。

これらの福利厚生は、「人力車ドリーム」を追い求める人々を支え、引手としての仕事を続けるモチベーションを高めています。

体力勝負だけではなく、語学も得意な人はチャレンジしてみては・・・?