PR

元モー娘 小川麻琴 留学でTOEIC800点!挑戦したいことは尽きない

元モー娘。小川麻琴 NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

元モーニング娘。の小川麻琴(36)が、新たな挑戦としてニュージーランドでの1年以上の留学を経験し、TOEICで800点を獲得したことが明らかになりました。彼女の挑戦は、これからも尽きることがありません。

元モー娘 小川麻琴 留学でTOEIC800点!挑戦したいことは尽きない

小川は13歳でモーニング娘。に加入し、同じ5期メンバーの紺野あさ美、高橋愛、新垣里沙と共にグループを盛り上げました。卒業後は、海外留学を経て、俳優、大学講師、MC、YouTuberとしてマルチな活動を展開。今年は初めてフルマラソンを完走しました。「挑戦したいことは尽きない」と語る小川自身が、その半生をENCOUNTに明かしました。

モー娘。卒業後、1年3か月語学留学を振り返った【写真:舛元清香】(Sayaka Masumoto)
モー娘。卒業後、1年3か月語学留学を振り返った【写真:舛元清香】(Sayaka Masumoto)

18歳になり、「何か新しいことにチャレンジしたい」と思い始めた彼女は、会社からも「次のステップを考え始めよう」というアドバイスを受け、グループに入って5年という節目で卒業を決めました。今までの卒業生がやったことないものに挑戦してみたくて、「ニュージーランドへ語学留学に行こう」と決めました。英語は特に得意ではありませんでしたが、「行ったらしゃべれるようになるだろう」という前向きな気持ちと、不安よりも海外への好奇心が彼女を後押ししました。

ニュージーランドでは、トータルで1年3か月間、月曜日から土曜日まで語学学校に通い、学生生活を送りました。モーニング娘。の頃には経験できなかった時間をニュージーランドで過ごし、素晴らしいホームステイファミリーに恵まれた充実した留学生活を送りました。日本に戻るまでにTOEICは730点取れるようになり、英語を母国語としない子供達に英語を教える資格TECSOL、コーヒーが好きなのでBaristaの資格も取得して帰国しました。ありがたいことに英語教材のお仕事をいただけて、その流れでTOEICのチャレンジも続けることができ、最終的には800点まで取ることができました。

留学から戻ってきてからは芸能活動を再開しましたが、毎日のように会っていたメンバーがいない楽屋に少しの間、慣れなかった記憶があります。卒業直後、「しばらくゆっくりできるー!」と思っていましたが、13歳から休まずに働き続けてきたので、ちょっとでも時間が空くとそわそわしちゃうもんですね(笑)。

ソロになってからは「モーニング娘。OG」としてさまざまなお仕事をさせていただきました。素晴らしいご縁にもたくさん恵まれてとてもありがたかったです。一方で、「このままでいいのかな」と未来の自分に自問自答することも増えていきました。自分自身と向き合った中で、「一度環境を変えてトライしてみよう!」と思い、2015年に長年お世話になった事務所を退所し、現在はフリーランスで活動をしています。フリーでの活動は正直リスクも責任も伴いますが、その分、それまでになかった喜びもたくさんあり、「この活動の仕方が今の自分に合っているのかな」と思っています。

実は私、大学の講師もやらせていただいているんです。ソロ活動を再開してすぐの頃、日本でスマートフォンが普及し始め、私が秋葉原でスマホアプリを紹介する配信番組をレギュラーでやっていた時、ご一緒していた東洋大学の先生に「小川さんもスマホアプリを作ってみませんか」と声をかけていただきました。それをきっかけに初めてアプリをプロデュースしました。そして、アプリのリリースの記念として先生が教えている東洋大学総合情報学部にお招きいただき、初登壇しました。ありがたいことにそのご縁が今も続いていて現在も年に1回講師として、教壇に立たせていただいています。

登壇当初は「次世代メディアとしてのスマートフォン・アプリ」というタイトルの講義でしたが、しばらくすると学生たちの方がスマホにもアプリにも詳しくなってきました。そこからはテーマを「職業を語る」に切り替えました。そして、ここ数年は私の経験談を通して、当時の活動の仕方やメディア、芸能の世界を紹介するみたいな授業を続けています。

始めたばかりの頃は、学生と年齢が近かったので、私がモーニング娘。にいたことを知っている子たちも多かったのですが、今は「お父さんやお母さんがファンでした」という感じです。教壇に立つと真剣に聴いてくれる子もいれば、居眠りしている子もいて(笑)。何かそんな風景がちょっと懐かしくてかわいいなって感じます。

素晴らしいと思います。めちゃイケのテスト順位で下から数えた方が早かった人がTOEIC800点まで上げたことは努力した証明でしょう。 身体に落書きしてるおっさんと旅行行ったり、芸能界に戻りたいんだろうけど何がしたいのかわからない方向性の元メンバーもいるなか、地道にコツコツと頑張ってる方がやっぱり成功してますね。 何を持って成功とか突っかかる人も出てくるでしょうけど、知力を高めたりフルマラソンの挑戦してる人の方が叩かれもしないし充実してるでしょう。 それに美人だからこそ際立ちますよ。

ヤフー

フリーランスで活動9年舞台出演、MC、YouTubeチャンネル開設

あの頃のメンバーと久しぶりに会う機会も増えました。この前は石川(梨華)さんとお会いできたのですが、それぞれ大人になって環境も変わり、当時とはまた違う話題で話ができるのもとてもうれしいです。 それから、今年は人生初のフルマラソンにも挑戦しました。沖縄でカフェを経営しているオーナーさんたちと仲が良くて、「沖縄マラソンが復活するから一緒に走ろう」と誘われて、マラソンに挑戦しました。沖縄でカフェを経営しているオーナーさんたちと仲が良くて、「沖縄マラソンが復活するから一緒に走ろう」と誘われて、マラソン経験なんてないのに勢いで「やります!」と言ってしまいました(笑)。エントリーしてから半年間かけて準備をし、42.195キロを完走。初めてのフルマラソンは今まで経験したことのない達成感を味うことができ、「チャレンジを決めて良かったな」と思っています。

現在は、浅草九劇倶楽部で5月8日から始まる舞台『FAMILY TREE FUNK!!!』の稽古で忙しい毎日を過ごしています。ソロになってからはたくさんの舞台に立ってきましたが、コロナをきっかけに頻度は減っていたので、今回は約1年半ぶりの出演です。ダンスあり、殺陣ありのコメディー時代劇で、私自身とてもワクワクしています。ここ数年はイベントのMCとして呼んでいただくことも増えましたし、ずっとやってきたラジオ番組のメンバーでYouTubeチャンネルも始めました。

早いもので、13歳でこの世界に入った私も今年で37歳になります。幼い頃に思い描いていた大人な女性にはなれていませんが、こういう人生も私らしいのかなと思っています。今後も自分の心が動くことに一生懸命に取り組んでいけたらと思っています。中でも子どもが大好きなので、今後はエンタメ×子どもで何か面白い空間を作っていけたらいいなと考えています。

そして、5月18日には4児の母親になるこんこん(紺野あさ美)と相変わらず自由な小川が、久しぶりに大阪で共演します。そちらもチェックしていただけるとうれしいです。これからも、小川麻琴の新たな挑戦と活動にご期待ください。挑戦したいことは尽きない、その言葉が彼女の人生を象徴しています。これからも彼女の活動から目が離せません。

□小川麻琴(おがわ・まこと) 1987年10月29日、新潟・柏崎市出身。2001年、「モーニング娘。LOVEオーディション21」に合格し、5期メンバーとして06年8月まで5年間在籍。卒業後はニュージーランドの語学留学を経て、俳優、タレントして活動する傍ら、東洋大総合情報学部の講師を務めている。22年12月、YouTubeチャンネル『小川麻琴とへなぎのIDOBATAちゃんねる!!』を開設し、動画を配信中。