PR

あぶない刑事“瞳ちゃん”でお馴染みだった長谷部香苗の現在

あぶない刑事“瞳ちゃん”でお馴染みだった長谷部香苗 NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

『あぶない刑事』の劇場版最新作『帰ってきた あぶない刑事』が、5月24日に公開された。横浜港署捜査課課長の秘書として歴代の課長を支え続け、舘ひろしが演じるタカ(鷹山敏樹)と柴田恭兵が演じるユージ(大下勇次)を何かとサポートしていたのが「瞳ちゃん」の愛称で親しまれている山路瞳だ。

あぶない刑事“瞳ちゃん”でお馴染みだった長谷部香苗の現在

あぶない刑事“瞳ちゃん”でお馴染みだった長谷部香苗の現在

5月24日公開『帰ってきた あぶない刑事』ではちょっとだけ昇格してますwww

「瞳ちゃん」こと山路瞳を演じるのは長谷部香苗さんです。最新作『帰ってきた あぶない刑事』では、山路瞳の階級が少しだけ上がっており、町田透(仲村トオルさん演じる)捜査課長の秘書を務めています。また、長谷部さんは「自分で淹れて自分で飲む」くらいの気持ちで撮影に臨んだと語っています。

長谷部さんは、『あぶない刑事』シリーズが「憧れていた世界の始まり」とも言える作品であり、舘ひろしさんや柴田恭兵さん、浅野温子さん、仲村トオルさん、木の実ナナさん、そして近藤課長を演じる中条静夫さんはじめ、共演させていただいた皆さんから、たくさんのことを学ばせてもらったと述べています。

また、長谷部さんは山路瞳の役作りやのベースになっていると感じており、山路瞳はかなり自分の素が出ていると思っています。これらの情報から、長谷部さんは現在も女優業を続けており、『あぶない刑事』シリーズに対する深い愛情と尊敬を持っていることが伺えます。

長谷部 香苗(はせべ かなえ)プロフィール

長谷部 香苗(はせべ かなえ)プロフィール

生年月日 1965年4月10日(59歳)
出生地 東京都
身長 160cm
血液型 A型
職業 女優
活動期間 1985年 –

1965年4月10日に東京都で誕生した長谷部さん。知的で大人のお姉さんになってました。

父親は「あぶ刑事」のメイン監督の(故)長谷部安春監督で、弟は小説家で脚本家のハセベバクシンオーさん、甥は俳優の三村和敬さんです。
(香苗さんは、次女になります。)

因みに、長谷部安春監督は、「あぶ刑事」以外にも『大都会』、『西部警察』、『大江戸捜査網』、『相棒』等の人気ドラマの監督もされています。
映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』では、弟のハセベバクシンオーさんが脚本を担当うされています。

何と言っても長谷部さんの代表作と言えば、『あぶない刑事』ではないでしょうか。

近藤課長(中条静夫さん)から「瞳ちゃん~お茶!」と言われ登場する山路瞳こと長谷部香苗さん。

“瞳ちゃん”でお馴染み『あぶない刑事』長谷部香苗
画像はデビュー当時

役柄としては、当初、近藤課長に言われて、お茶を出すだけだったチョイ役でしたが、回を追うごとに存在感を増し、犯人の人質になってしまう重要な役どころだったり、課長に秘密のお使いをユージ(柴田恭兵さん)に頼まれたりコミカルな演出もされていました。

長谷部香苗 若い頃

長谷部香苗さんは多くの映画やテレビドラマに出演されています。以下にいくつかの作品をご紹介します:

  • 映画『あぶない刑事』シリーズ
  • テレビドラマ『あぶない刑事』シリーズ
  • テレビドラマ『刑事貴族』
  • テレビドラマ『俺たちルーキーコップ』
  • テレビドラマ『静かなるドン』
  • テレビドラマ『はみだし刑事情熱系』
  • テレビドラマ『相棒
  • テレビドラマ『おとり捜査官・北見志穂』

また、長谷部さんは『あぶない刑事』シリーズ以外にも、『きんぴら』、『べっぴんの町』、『国会へ行こう!』などの映画にも出演されています。これらは長谷部さんの代表作の一部であり、その他にも多くの作品に出演されています。長谷部さんの演技力と多彩な才能は、これらの作品を通じて広く認識されています。

文筆家としても活躍

長谷部香苗さんが文筆家として書いた本は『本よみキッズの事件簿 子どもと本と、ときどき大人』です。

この本は、子どもが本と出会うときに起こるさまざまな「事件」を描いています。

例えば、「職員室天井破り事件」、「カイコに迫る危機」、「おめでとうクッキーの謎」など、日常の小さな「事件」から、子どもの願いや秘密が見えてくるという内容です。

この本は2007年3月に発行され、四六判・並製 240ページで、本体価格は1800円+税です。長谷部さんの文筆家としての活動は、彼女の多才な才能を示していますね。

彼女が演じた山路瞳と文筆家として成功した理由

長谷部香苗さんが演じた山路瞳の役柄と、文筆家としての活動の両方で成功した理由は、彼女の才能、情熱、そして努力によるものだと考えられます。

演技力: 長谷部さんは、『あぶない刑事』で山路瞳を演じることで、その演技力を見せつけました。彼女は、視聴者が感情移入できるリアルなキャラクターを作り上げ、その結果、多くの視聴者から愛される存在となりました。

多才な才能: 長谷部さんは、女優だけでなく、文筆家としても成功しています。彼女は、自身の経験や視点を元に、読者が共感できるストーリーを紡ぎ出す才能を持っています。その結果、彼女の書いた本は、多くの読者に愛されています。

情熱と努力: 長谷部さんは、自分の仕事に対する深い情熱と、常に自己を高めようとする努力を持っています。これらが、彼女が多方面で成功を収める原動力となっています。

以上の要素が組み合わさることで、長谷部香苗さんは、女優として、そして文筆家として、成功を収めることができたと言えるでしょう。彼女のこれからの活動にも、引き続き注目していきたいですね。 。