PR

32歳差夫婦の秘訣:あざらしさんが語るジェネレーションギャップと優先順位の設定による円満な関係性

あざらしさんと32歳下の“王子”さん 写真提供/あざらしさん NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

32歳差夫婦」このような年の差カップルは、世代の違いからくる価値観の違いや生活習慣の違いなど、特有の課題を抱えていることがあります。しかし、その一方で、互いの違いを理解し、尊重し合うことで、深い絆を築くことができます。

一方、「あざらしさん」は、起業家であり結婚・恋愛アドバイザーの蔵田りつ子さんのハンドルネームです。彼女は62歳で32歳年下の男性と結婚し、そのラブラブな様子をインスタグラムやブログで発信しています。また、彼女は小型犬の洋服デザイン販売やバリ島でのスパ経営なども行ってきた経歴を持っています。現在は主に、R-produceという会社で起業コンサルタントをしています。

この記事では、32歳差夫婦であるあざらしさんが語る、ジェネレーションギャップと優先順位の設定による円満な関係性について探っていきます。あざらしさんの経験と視点から、年の差カップルが円満な関係を維持するための秘訣を学んでいきましょう。

あざらしさんと32歳差夫婦のストーリー

はじめに、あざらしさんと蔵田りつ子さんはどういう関係?

「あざらしさん」とは、蔵田りつ子さんのハンドルネームで、彼女は企業コンサルタントとして活躍しながら、犬服ペットドレス専門店も経営しています。彼女は62歳で32歳年下の男性と結婚し、そのラブラブな様子をインスタグラムやブログで発信しています。

彼女のハンドルネーム「あざらしさん」の由来は、彼女があざらしのキャラクターやぬいぐるみが好きだからというシンプルな理由から来ています。

なお、彼女の夫は「あざらし姫の王子」と呼ばれています。

以上のように、「あざらしさん」は蔵田りつ子さん自身のことを指し、彼女の生活や経験を共有するためのハンドルネームとなっています。

では、本題に戻りましょう(笑)

あざらしさん(蔵田りつ子さん)と彼女の夫との出会いは、新宿のカフェでの偶然から始まりました。彼女はその時点で既に成功した起業家であり、彼は若くてエネルギッシュな男性でした。二人の間には32歳の年齢差がありましたが、それは二人の間の強い絆を形成するための障壁ではなく、むしろその土台となりました。

彼らの生活は、多くの年の差カップルが経験するようなものです。ジェネレーションギャップは確かに存在しますが、それは彼らが互いに学び、成長する機会となっています。あざらしさんは、彼女の夫から新しい視点を学び、彼女自身の視野を広げることができました。一方、彼女の夫は、あざらしさんの豊富な経験と知識から多くを学びました。

彼らの生活は、互いの価値観を尊重し、お互いの違いを受け入れることによって円満に進んでいます。あざらしさんは、「私が行きたいところを優先する」と語っています。これは、彼女が自分自身の幸せを大切にし、自分自身の欲求を満たすことの重要性を理解していることを示しています。

以上のように、あざらしさんと彼女の夫のストーリーは、年の差カップルが円満な関係を築くための素晴らしい例となっています。彼らは、互いの違いを尊重し、互いから学び、互いを支えることで、32歳の年齢差を乗り越えています。これは、年の差カップルが円満な関係を築くための秘訣の一つと言えるでしょう。

ジェネレーションギャップについて

あざらしさんと32歳下の“王子”さん 写真提供/あざらしさん

あざらしさんは、「ジェネレーションギャップはある」と語っています。年齢差があるカップルは、時代背景や文化の違いからくるジェネレーションギャップを感じることがあります。これは、価値観や生活習慣、趣味など、さまざまな面で現れます。

しかし、あざらしさんはこのジェネレーションギャップを乗り越えるための方法を見つけています。彼女は、ジェネレーションギャップをネガティブなものと捉えるのではなく、それを新しい視点や価値観を学ぶ機会として捉えています。彼女は、夫との違いを尊重し、その違いから学び、成長することを大切にしています。

また、あざらしさんは、ジェネレーションギャップを乗り越えるために、コミュニケーションを大切にしています。彼女は、お互いの考えや感じ方を理解するために、積極的にコミュニケーションを取ることを心掛けています。これにより、彼女は夫との間にあるジェネレーションギャップを埋めることができています。

以上のように、あざらしさんはジェネレーションギャップを乗り越えるための方法を見つけ、それを円満な関係を維持するための一部として活用しています。これは、年の差カップルが円満な関係を築くための秘訣の一つと言えるでしょう。

優先順位の設定について

あざらしさんは、「私が行きたいところを優先する」と語っています。これは、彼女が自分自身の幸せを大切にし、自分自身の欲求を満たすことの重要性を理解していることを示しています。

彼女は、自分自身の時間とパートナーとの時間のバランスを保つために、優先順位を明確に設定しています。これにより、彼女は自分自身の生活を充実させながら、パートナーとの関係を維持することができています。

また、彼女の優先順位の設定は、円満な関係性に大きく寄与しています。彼女が自分自身の欲求を満たすことを優先することで、彼女は自分自身の幸せを追求することができ、それがパートナーとの関係にも良い影響を与えています。彼女の夫も、彼女が自分自身の幸せを追求することを尊重しており、それが二人の間の信頼と理解を深める一因となっています。

以上のように、あざらしさんは優先順位の設定を通じて、自分自身の幸せを追求しながら、円満な関係を維持する方法を見つけています。これは、年の差カップルが円満な関係を築くための秘訣の一つと言えるでしょう。

年の差カップルの秘訣

あざらしさんが語る年の差カップルの秘訣は、互いの違いを尊重し、理解し合うことです。彼女は、自分自身の欲求を満たすことを優先し、自分自身の幸せを追求することを大切にしています。また、彼女は、夫との間にあるジェネレーションギャップを乗り越えるために、積極的にコミュニケーションを取ることを心掛けています。

これらの秘訣は、年の差カップルが円満な関係を築くための重要な要素となっています。それぞれのパートナーが自分自身の幸せを追求し、互いの違いを尊重し、理解し合うことで、年の差カップルは深い絆を築くことができます。

あざらしさんと32歳下の“王子”さん 写真提供/あざらしさん

年の差カップルへのアドバイス

年の差カップルに対するあざらしさんのアドバイスは、以下の通りです:

  1. 互いの違いを尊重する:パートナーとの違いを尊重し、その違いから学び、成長することを大切にしましょう。
  2. 自分自身の幸せを追求する:自分自身の欲求を満たすことを優先し、自分自身の幸せを追求することを大切にしましょう。
  3. 積極的にコミュニケーションを取る:パートナーとの間にあるジェネレーションギャップを乗り越えるために、積極的にコミュニケーションを取ることを心掛けましょう。

これらのアドバイスは、年の差カップルが円満な関係を築くための重要な要素となっています。これらのアドバイスを実践することで、年の差カップルは互いの違いを尊重し、理解し合い、深い絆を築くことができます。これらのアドバイスが、年の差カップルの皆さんの参考になれば幸いです。

コンクルージョン(まとめ)

あざらしさんと彼女の夫のストーリーは、年の差カップルが円満な関係を築くための素晴らしい例となっています。彼らは、互いの違いを尊重し、理解し合うことで、32歳の年齢差を乗り越えています。あざらしさんは、自分自身の欲求を満たすことを優先し、自分自身の幸せを追求することを大切にしています。また、彼女は、夫との間にあるジェネレーションギャップを乗り越えるために、積極的にコミュニケーションを取ることを心掛けています。

これらの秘訣は、年の差カップルが円満な関係を築くための重要な要素となっています。それぞれのパートナーが自分自身の幸せを追求し、互いの違いを尊重し、理解し合うことで、年の差カップルは深い絆を築くことができます。

読者の皆さんへのメッセージとしては、年の差カップルであるあざらしさんのストーリーから学べることは多くあります。それぞれのパートナーが自分自身の幸せを追求し、互いの違いを尊重し、理解し合うことで、どんなカップルでも円満な関係を築くことができます。あざらしさんの経験と視点から学んだことを、皆さんのパートナーシップに活かしてみてください。そして、あなた自身の幸せを追求し、愛する人との深い絆を築くことを忘れないでください。あなたの幸せな関係が、これからも続くことを願っています。

ちなみに、あざらしスタンプってこんな感じです。

日本の芸能界には、年の差夫婦が多く存在します。以下にいくつかの例を挙げてみます。

やはり、加藤茶と加藤綾菜:45歳差は、驚きですね!でも幸せそうでなによりです(笑)