PR

長谷部誠が今季限りで引退 娘に言うと学校でバラしちゃうから言ってません

長谷部 誠と、妻の佐藤ありさ NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

サッカー日本代表で歴代最多81試合で主将を務めた長谷部誠選手(40)=アイントラハト・フランクフルト=が17日、今季限りで現役を引退すると発表した。妻はモデルの佐藤ありさ さん。

長谷部誠選手、引退を決断! 家族と支え合い築いた輝かしいキャリア

40歳という節目を迎えた今、新たな挑戦へ

ドイツ1部アイントラハト・フランクフルト所属の長谷部誠選手が、今シーズン限りでの現役引退を表明しました。

2002年に浦和レッズでプロキャリアをスタートさせた長谷部選手は、その後ドイツへ渡り、ヴォルフスブルク、ニュルンベルクを経て、2014年からフランクフルトでプレー。

中心選手としてチームを支え続け、ブンデスリーガでのアジア人最多出場記録を更新するなど、輝かしい功績を残しました。

代表での功績も数々

日本代表には2006年に初選出され、08年から不動のレギュラーに。 3度のワールドカップに出場し、主将としてチームを牽引するなど、日本サッカー史に名を残す選手となりました。

決断の背景

引退を決断した理由は、自身のコンディションやチーム状況などを総合的に判断した結果とのこと。

また、家族との相談も大きな支えとなったようです。「娘にはまだ言っていません。学校で話してバラしてほしくなかったから」と冗談交じりに語る長谷部選手の言葉からは、家族との温かい関係が伺えます。

今後の展望

引退後は、指導者としてのキャリアを目指す意向を表明しています。 豊富な経験と知識を活かし、新たなステージで活躍することが期待されます。

長谷部選手が残した功績

長谷部選手は、日本サッカー界においてかけがえのない存在でした。

そのひたむきな努力とキャプテンシーは、多くの選手やファンに勇気を与えました。

第二の人生も、きっと素晴らしいものとなるでしょう。

長谷部誠選手、現役引退! 娘とのエピソードが胸温まる

40歳という節目を迎えた今、新たな道へ

ドイツ1部アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠選手が、今シーズン限りでの現役引退を表明しました。

ユーモア溢れる引退表明

記者会見では、ドイツ語で引退を表明した長谷部選手。 娘さんへの気遣いから、「まだ言っていません。学校で話してバラしてほしくなかったから」とユーモアを交えて語りました。

このエピソードからも、長谷部選手の人柄と娘さんとの深い愛情が伝わってきます。

輝かしいキャリア

静岡県藤枝市出身の長谷部選手は、浦和レッズでプロキャリアをスタート。 その後、ドイツへ渡り、ヴォルフスブルク、ニュルンベルクを経て、2014年からフランクフルトでプレー。

中心選手としてチームを支え続け、ブンデスリーガでのアジア人最多出場記録を更新するなど、輝かしい功績を残しました。

日本代表での功績も数々

2006年に日本代表に初選出され、2008年から不動のレギュラーに。 3度のワールドカップに出場し、主将としてチームを牽引するなど、日本サッカー史に名を残す選手となりました。

引退を決断した理由

引退を決断した理由は、自身のコンディションやチーム状況などを総合的に判断した結果とのこと。

また、家族との相談も大きな支えとなったようです。

今後の展望

引退後は、指導者としてのキャリアを目指す意向を表明しています。 豊富な経験と知識を活かし、新たなステージで活躍することが期待されます。

長谷部 誠と、妻の佐藤ありさ

長谷部誠選手、現役引退!W杯3大会出場、日本代表主将として歴史に名を刻む

40歳という節目に、新たな挑戦へ

ドイツ1部アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠選手が、今シーズン限りでの現役引退を表明しました。

輝かしいキャリア

静岡県藤枝市出身の長谷部選手は、浦和レッズでプロキャリアをスタート。

その後、ドイツへ渡り、ヴォルフスブルク、ニュルンベルクを経て、2014年からフランクフルトでプレー。

センターバックやボランチなど様々なポジションをこなし、攻守両面でチームを支え続けました。

浦和時代にはJ1リーグとアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で優勝。

ドイツ移籍後も、ヨーロッパリーグ制覇に貢献するなど、輝かしい功績を残しました。

日本代表での功績

2006年に日本代表に初選出され、2008年から不動のレギュラーに。

3度のワールドカップに出場し、主将としてチームを牽引するなど、日本サッカー史に名を残す選手となりました。

主将として出場した代表での試合数は81試合で、これは日本代表歴代最多記録です。

引退を決断した理由

引退を決断した理由は、自身のコンディションやチーム状況などを総合的に判断した結果とのこと。

また、家族との相談も大きな支えとなったようです。

今後の展望

引退後は、指導者としてのキャリアを目指す意向を表明しています。

豊富な経験と知識を活かし、新たなステージで活躍することが期待されます。

長谷部選手が残した功績

長谷部選手は、日本サッカー界においてかけがえのない存在でした。

そのひたむきな努力とキャプテンシーは、多くの選手やファンに勇気を与えました。

第二の人生も、きっと素晴らしいものとなるでしょう。

長谷部誠選手、キャプテン就任がもたらした劇的な変革:14年前の決断が日本代表を変えた

指揮官の決断と若きリーダーの誕生

サッカー元日本代表の長谷部誠選手(40歳)が、今季限りでの現役引退を表明しました。

長谷部選手の輝かしいキャリアを振り返る中で、特に印象深いのが、2010年5月30日に行われたオーストリア・グラーツでのイングランド戦です。

この試合で、当時26歳だった長谷部選手は、初めて日本代表のキャプテンを任されました。

重苦しい空気に包まれた代表チーム

岡田武史監督率いる日本代表は、ワールドカップ南アフリカ大会を前に、国内での強化試合で連敗を喫していました。

チームは重苦しい空気に包まれており、岡田監督は状況打開のため、長谷部選手をチームの軸に据えるという大胆な決断を下しました。

キャプテン就任という大役

試合前にキャプテン任命を告げられた長谷部選手は、「びっくりした」と語りました。

しかし、試合後には「キャプテンは誰がやっても変わらない。自分も特別なことができるわけではない」と淡々と話し、持ち前の冷静沈着さを発揮しました。

平常心を保つ秘訣

W杯直前の抜擢にも動じない長谷部選手の強さの源泉はどこにあったのでしょうか?

日本代表が南アフリカ大会の事前合宿地スイスに戻った後、長谷部選手はこう語りました。

「普段から、キャプテンでなかった時も自覚を持ってやらないと、と感じていた。キャプテンをうまくフォローできるように、と」

チームを支える存在へ

それまでは、中沢佑二選手や川口能活選手といったベテラン選手がキャプテンを務めていました。

長谷部選手は、ベテラン選手に頼りすぎることなく、常にチームのことを考え、心を整えていました。

プレーヤーとして不可欠な存在であるだけでなく、チームをまとめるリーダーとしての資質をすでに備えていたのです。

グラーツの夜がもたらした変革

グラーツでのイングランド戦は、日本代表にとって大きな転換点となりました。

それまでの前プレッシングから、自陣に守備ブロックを敷いてカウンターを狙う戦術に変更し、中盤の底に「アンカー」を置くシステムを導入しました。

また、GKには川島永嗣選手が抜擢されました。

岡田ジャパンの最終形へ

これらの改革を経て、日本代表は本田圭佑選手を最前線に据えた岡田ジャパンの最終形へと進化しました。

そして、自国開催以外では初のベスト16進出という偉業を達成したのです。

長谷部選手、日本代表の歴史に名を刻む

長谷部選手は、キャプテンとして日本代表最多出場記録となる81試合に出場しました。

彼のリーダーシップと献身的なプレーは、日本代表にとってかけがえのない存在でした。

14年前の決断がもたらした大きな変化

長谷部選手のキャプテン就任は、日本代表の歴史を大きく変えました。

彼の存在がなければ、岡田ジャパンの成功も、その後の日本代表の躍進もなかったかもしれません。

長谷部誠選手、お疲れ様でした!

そして、今後の更なるご活躍をお祈りしています!

ワールドカップ(W杯)を終えてロシアから帰国し、花束を手に歩くサッカー日本代表の長谷部誠主将=成田空港で2018年7月5日午前11時14分、手塚耕一郎撮影
ワールドカップ(W杯)を終えてロシアから帰国し、花束を手に歩くサッカー日本代表の長谷部誠主将=成田空港で2018年7月5日午前11時14分、手塚耕一郎撮影

しかし、イケメンだよなぁ〜!

長谷部誠引退に長友佑都が盟友秘話披露「真面目すぎて長谷部か」

長谷部と長友選手

SAMURAI BLUEの魂、二柱が紡ぐ友情と惜別のメッセージ

サッカー界を代表するレジェンド、長谷部誠選手が今シーズン限りでの現役引退を表明。その功績と人柄を称える声は国内外から上がり続けているが、中でもひときわ熱いエールを送ったのが、盟友であり後輩でもある長友佑都選手だ。

長友選手はFC東京を通じて、「これまでもこれからも日本サッカー界を盛り上げていってくれると思います」とメッセージを寄せた。2010年の南アフリカ大会から3大会連続でW杯キャプテンを務めた長谷部選手とは、日本代表の中心選手として共に戦った戦友であり、公私共にかけがえのない存在だ。

長友選手は、長谷部選手との思い出を振り返り、「真面目すぎて長谷部か」と仲間から弄られていたエピソードを披露。真面目な一面だけでなく、ピッチ上では圧倒的なプレーとキャプテンシーでチームをまとめる姿に、深い敬意と信頼を寄せている。

長谷部選手から「ギラ友」と呼ばれていたという長友選手は、「『ギラちゃん元気か』といつも声をかけてくれた」と感謝の言葉を述べ、「僕もぶれずに常にギラギラしていたいと思っています」と決意を新たにした。

長谷部選手引退後も、日本サッカー界を盛り上げようと誓う長友選手。二人の絆は、これからも日本代表に力強い光を与え続けるだろう。