PR

あなたの大切な人に贈る最高の選択 人気のプリペイドギフトカードガイド

ギフトカードのイメージ画像 1 ギフトカード
Gifts That Make You Happy to Receive

あなたの大切な人に贈る最高のギフトカードは、誕生日や記念日など、大切な人に贈る最高のギフトです。様々なショッピングサイトやお店で使えるので、相手が欲しいものを自由に選ぶことができます。もらって嬉しい!人気 プリペイド式ギフトカード選びのポイント今すぐ、あなたの大切な人にもらって嬉しいギフトカードを贈りましょう。

  1. もらって嬉しいあなたの大切な人に贈る最高の選択:人気のプリペイドギフトカードガイド
  2. Visaギフトカード・Mastercardギフトカード・American Expressギフトカードは、他のギフトカードと比べて良い点はなんですか?
    1. カード発行手数料について
  3. プリペイドカードとは
  4. 覚えておこう!ギフトカードを贈る際の豆知識
  5. ギフトカードの魅力
  6. ギフトカードのメリット
    1. ギフトカードのデメリット
    2. 個人でギフトカードを利用するメリット
    3. 相手が好きなものを選べる
    4. 場所をとらない
    5. すぐに届く
  7. 法人でギフトカードを利用するときのメリット
    1. 受け取る側が幅広く使用できる
    2. リアルタイムなキャンペーンができる
    3. インセンティブとして柔軟な予算設定が可能
    4. コスト削減・業務効率化につながる
    5. 需要や興味関心の動向を把握
    6. 個人情報管理のリスクを軽減
  8. ギフトカードの活用方法‐4つの事例
    1. ①キャンペーンの販促品として(コンビニエンスストアを運営するS社)
    2. ②社員の販売奨励・インセンティブとして(電機メーカーB社)
    3. ③顧客対応の謝礼品・返礼品・お詫びの品として(航空会社C社)
    4. ④出勤率が良い派遣アルバイトにインセンティブとして(人材派遣会社 F社)
  9. 誰にでも贈りやすい!もらって嬉しい!ギフトカード人気15選
  10. バニラVisaギフトカードを総合1位に選んだ理由
  11. バニラVisaギフトカードとは?
    1. バニラVisaギフトカードの基本的な使い方
    2. バニラVisaギフトカードには有効期限がある
    3. バニラVisaギフトカードの残高を確認する方法は3つ。
  12. バニラVisaギフトカード残高の使い切り方・お得な使い道について
    1. 現金と併用して使う
    2. Amazonギフト券を購入する
    3. 郵便局で切手を購入する
    4. ショッピングサイトでポイントと併用して使う
  13. バニラVisaギフトカードは、こんなかたにおすすめ
  14. 法人の場合、業務効率化やコスト削減にもつながるデジタルギフトを有効に活用しましょう
    1. <法人で利用する場合>
  15. 3000人に聞いた!贈る側と貰う側の本音
  16. ラインナップ
  17. デジタル eギフトのメリットとデメリット
    1. ●メリット
    2. ●デメリット
  18. Visaギフトカードが使いにくいと感じる理由
  19. バニラVisa ギフトカード
  20. Visaギフトカード インターネット注文に関するご注意点
  21. バニラVISAギフトカードの最大のメリット
  22. ギフトカードをプレゼントする際に添えるメッセージ 例
    1. 関連記事
  23. まとめ

もらって嬉しいあなたの大切な人に贈る最高の選択:人気のプリペイドギフトカードガイド

結論から申し上げると、あくまでもプレゼントを前提にした場合の総合1位は、プラスチックカードタイプの「バニラVisaギフトカード」、デジタルギフトの「Visa eギフト バニラ」です。

なぜなら、Visaギフトカード・Mastercardギフトカード・American Expressギフトカードは、利用範囲が広く、どこでも使えるギフトカードだからです。

公式 スポンサーリンク

Visaギフトカード・Mastercardギフトカード・American Expressギフトカードは、他のギフトカードと比べて良い点はなんですか?

Visa、Mastercard、American Expressといった大手クレジットカード会社が提供するギフトカードには、他の専門店や特定の小売業者のギフトカードと比べていくつかの利点があります。

  1. 汎用性: これらのギフトカードは、世界中で広く受け入れられており、Visa、Mastercard、またはAmerican Expressのマークが表示されているほとんどの場所で使用することができます。つまり、食料品から衣類、エンターテイメントに至るまで、あらゆる種類の商品やサービスの購入に使えるため、受取人はより多くの選択肢を持つことができます。
  2. 利便性: 物理的な店舗だけでなく、オンラインショッピングにも使用可能です。これにより、受取人は自宅にいながら、または世界中どこにいても、ギフトカードを利用することができます。
  3. セキュリティ: 紛失や盗難の際に、これらのギフトカードは通常、カード番号を保持していれば再発行をリクエストすることが可能です。一方、多くの店舗固有のギフトカードは、現金と同じように紛失したら価値を取り戻すことができません。
  4. ギフトの選択: 特定の小売業者のギフトカードは、受け取る人がその小売業者を利用しない限り、あまり有用ではありません。しかし、Visa、Mastercard、American Expressのギフトカードは、受け取った人が何に使うかを自分で選べるため、贈る側は受け取る人の好みについて心配する必要がありません。
  5. ギフトとしての柔軟性: これらのカードはあらゆる種類の祝事やイベントに適しており、性別や年齢、個人の趣味に関わらず、ほとんどの人にとって有用なギフトとなり得ます。

ただし、これらのギフトカードにもデメリットがないわけではありません。例えば、購入時に発行手数料がかかること、使用に際しての最小/最大のチャージ額が設定されていること、有効期限や維持費用が発生する可能性があることなどが挙げられます。これらの点は購入前に確認することが大切です。

カード発行手数料について

バニラVisaギフトカード、Visa eギフトはカード発行手数料として5%がかかります。
無料キャンペーンを実施しております。キャンペーンの終了時期は未定となっております。また、予告なくキャンペーンを終了することがあります。

プリペイドカードとは

プリペイドカードとは プリペイドカード(略してプリペまたはプリカ)は、キャッシュレス決済ツールの一つです。

コンビニや飲食店、オンラインショップなどの支払いに利用でき、便利な機能やサービスが使えます。 プリペイドカードには、「使い切り型」「チャージ型」の2つのタイプがありますが、 「使い切り型」のプリペイドカードはあらかじめ使える金額が決められているカードを購入し、使用します。

『図書カード』や『QUOカード』などのギフトカードに多いタイプです。

「チャージ型」のプリペイドカードは入手したカードにチャージ(入金)をして使用します。

残高がなくなった場合には、新たにチャージをすると、繰り返し使用することができます。

チャージの方法は、カードの種類によってさまざまですが、専用機やコンビニのレジなどで現金を支払う方法や、銀行口座の残高からチャージする方法などがあります。

要約すると、「使い切り型」は、プレゼント用なのでギフトカード。「チャージ型」は、何度もチャージして使うので、自分用。プリペイドカードって事ですね。

覚えておこう!ギフトカードを贈る際の豆知識

ギフトカードを贈る際には、以下のような点に注意すると良いでしょう。

豆知識
  1. 目上の方への贈り物:目上の方への贈り物としてギフトカードを選ぶ場合、相手に対して失礼にあたる可能性があります。ギフトカードの特徴は、「ギフトの金額がダイレクトに伝わる」ということです。このポイントを「あからさますぎる」として嫌がる方も少なくありません。特に年配の方には、このような考えを持つ方もまだまだ多いですから、注意する必要があります。
  2. お返しとしてギフトカードを選ぶ場合:出産祝いや結婚祝いでは、ご祝儀を現金でいただくケースも多いものです。このような場合、お返しとしてギフトカードを選ぶのもあまりオススメできません。もらったものと同種のものを返すという行動は、相手に対する配慮が欠けていると考えられます。
  3. 一般的な「半額返し」ができないとき:お返しとしてギフトを贈る場合、その相場は「頂いた金額の半額程度」が相場となります。しかし、相手との関係性によっては、「非常に高額なお祝いを頂いてしまった」なんてケースもあるでしょう。このような場合、お返しの金額が相場に届かないことも考えられますし、相場通りに返したところ、かえって相手に恐縮されてしまう可能性もあります。

これらの点を考慮しながら、相手の好みやニーズに合わせて最適なギフトカードを選ぶことが大切です。それでは、本題に入ります。

二択に悩む女性

この記事では、貰って嬉しいギフトカード人気15選と使い方を個人・法人含めて解説。

誕生日や記念日など、大切な人にプレゼントを贈るとき、何を選べばいいか迷うことはありませんか?そんなときにおすすめなのがギフトカードです。

ギフトカードなら、相手が自分で好きなものを選べるし、金額も自由に決められます。

でも、ギフトカードにも種類がたくさんありますよね?

どれが一番喜ばれるかわからない…という方のために、今回は貰って嬉しいギフトカード人気15選と総合1位のギフトカードをご紹介します。

これらのギフトカードは、以下のポイントで選びました。

①使える場所が多い
②有効期限が長い
③オンラインでも使える

それでは、早速見ていきましょう。

ギフトカードの魅力

ギフトカードはさまざまな点で魅力的な贈り物として利用されています。以下に、その魅力を詳しく説明します。

  1. 個人に合った選択肢: ギフトカードはさまざまなブランドや小売業者で利用できるため、贈り物の受け手が自分の好みに合った商品やサービスを選べる点が魅力です。受け手が自分で選ぶことで、贈り物の喜びを最大限に引き出せます。
  2. フレキシブル: ギフトカードは金額が指定できるため、予算に合わせた贈り物ができます。贈り手が決めた金額で自由に商品を選べるので、無駄な贈り物を避けることができます。
  3. 簡単な贈り物: ギフトカードは購入や贈る際に手間がかからないため、忙しい人にとって便利な贈り物です。包装やラッピングの必要もありません。
  4. 期限が長い: 多くのギフトカードには使用期限が設定されていますが、通常は1年以上の有効期間があることが一般的です。これは、受け手が適切な時期に利用できるため、非常に便利です。
  5. サプライズ要素: ギフトカードは一般的に封筒やカードに隠れているため、受け手にとってサプライズとして楽しい瞬間を提供できます。
  6. 機会を問わず利用可能: 誕生日、クリスマス、結婚記念日など、さまざまな機会に贈ることができます。また、ビジネスギフトとしても利用され、従業員や取引先への感謝の印としても適しています。
  7. リタイルテラピー: ギフトカードを受けると、ショッピング体験が提供されるため、贈り物を受けた人は自分へのご褒美として利用することができ、ストレス解消やリラックスの手段としても活用できます。
  8. 贈り手と受け手の関係を強化: ギフトカードを選ぶ際に、贈り手が受け手の好みや趣味を考慮し、受け手がそれを利用することで、相手とのつながりを強化することができます。

要するに、ギフトカードは受け手の選択肢と予算に合わせた贈り物を提供し、贈り手と受け手の関係を強化する手軽で魅力的な贈り物といえます。

ギフトカードのメリット

ギフトカードをもらって買い物をする女性2

ギフトカードは、個人・法人を問わず多くの場面で使われるようになりました。贈る目的は現物の贈り物と同じで、「相手に喜んでもらうため」。しかし、実際には現物を受け取るほうが、サプライズ感がありうれしいと感じる人もいるでしょう。

では、どういった理由からギフトカードが選ばれる場面が増えているのでしょうか。ギフトカードを利用するメリットを、個人と法人に分けて紹介しますね。

ギフトカードのデメリット

ギフトカードは多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。以下にそれらの点を詳しく説明します。

  1. 利用限度: ギフトカードは特定の店舗やオンラインサイトでのみ使用可能であることが多く、受け手がその場所で買い物をしない場合、使い道に困ることがあります。
  2. 余剰額: カードの額面と購入したい商品の価格がピッタリ合わない場合が多く、余剰額が出たり、逆に足りなかったりすることで、追加で支払いをする必要が出てきます。
  3. 有効期限: 多くのギフトカードには有効期限があり、それまでに使用しなければ無価値になってしまうことがあります。有効期限を忘れてしまったり、気づかないうちに期限が切れてしまったりすることがデメリットとなります。
  4. 手数料や隠れたコスト: 一部のギフトカードには発行手数料がかかる場合があります。また、長期間使用されない場合、メンテナンス料金がかかることもあります。
  5. 紛失や盗難のリスク: 物理的なギフトカードは現金と同じように紛失や盗難のリスクがあります。特に登録されていないカードの場合、一度失うとその価値を取り戻すことはできません。
  6. 個人的なタッチが欠ける: ギフトカードは実用的ではありますが、贈り手が受け手のために特別なものを選んだり、時間をかけて考えたりした印象を与えることが少ないため、個人的な感触が欠けていると感じることがあります。
  7. 選択肢の圧迫: 与えられたギフトカードを使用するために、受け手はそのブランドや店舗でしか買い物ができないため、選択の自由が制限されます。
  8. バリューの減少: インフレや商品価格の上昇により、ギフトカードを受け取ってから実際に使用するまでの間に、同じ金額で買える商品の価値が減少してしまう可能性があります。

ギフトカードを選ぶ際には、これらのデメリットを考慮し、受け手の好みや状況に最適な方法を選ぶことが大切です。

個人でギフトカードを利用するメリット

スマホで買い物をする女性

相手が好きなものを選べる

現物を贈る場合、すでに相手が持っているかもしれない、相手の好みに合わないかもしれないといった懸念があります。ギフトカードは多くの商品から選んで交換したり、買い物の際に支払いの一部として使用したりできるものであるため、そのような心配はありません。

場所をとらない

ギフトカードは、紙やカードまたはオンラインでの情報であるため、保管するためのスペースを必要としません。場所をとらないため、引っ越しを控えているような人にも気にせず贈ることができます。

ギフトカードのなかでもデジタルギフトの場合は、さらに次のようなメリットがあります。

すぐに届く

現物のギフトは、配送手配後に相手の手元に届くまでに日数が生じますが、デジタルギフトなら、メールやSNSを通じてすぐに相手の手元に届きます。誕生日や記念日に事前に購入して、配送期間を計算して送るという手間をかける必要もなければ、輸送トラブルで配送が遅れるといった心配もありません。

法人でギフトカードを利用するときのメリット

受け取る側が幅広く使用できる

ギフトカードはコンビニエンスストアや量販店、オンランショップなどさまざまな場所で利用可能で、受け取る側の好みや都合に合わせて、使う場所を自由に選べます。

そのため、販促キャンペーンとして顧客に贈る場合や、社内インセンティブとして社員に贈る場合も、受け取った人の満足度が高くなることが期待できます。

ギフトカードのなかでもデジタルギフトの場合は、さらに次のようなメリットがあります。

リアルタイムなキャンペーンができる

キャンペーンの景品として使用する場合、デジタルギフトであれば、送付からギフトの受け取りまでにタイムラグが生じません。そのときのトレンドを加味したリアルタイムなキャンペーンを実行することが可能です。

インセンティブとして柔軟な予算設定が可能

デジタルギフトは1円単位の柔軟な予算設定が可能なタイプが多く、社内向けインセンティブやアンケート調査の謝礼など、必要に応じて小額の設定も可能です。

コスト削減・業務効率化につながる

デジタルギフトであれば包装・梱包費や配送費などが発生せず、コストを削減できます。また、在庫管理作業も発生しないため、業務効率化にもつながります。

需要や興味関心の動向を把握

デジタル上で処理されることで、ユーザーがどのようなことに興味関心があるのかといったデータを集計できます。

個人情報管理のリスクを軽減

デジタルギフトは、メールアドレスやSNSアカウントといった最低限の情報だけを経由して贈ることが可能です。

これにより、送付先として必要な氏名や住所といった個人情報まで管理する必要がなくなり、個人情報管理における漏えいや紛失といったリスクを軽減できます。

ギフトカードの活用方法‐4つの事例

ギフトカードは個人が使う場合にも多くのメリットがありますが、法人が使う場合にもさまざまなメリットがあり、実際に多くの企業で導入されています。法人がギフトカードを有効に活用している事例を4つ紹介します。

①キャンペーンの販促品として(コンビニエンスストアを運営するS社)

コンビニエンスストアを運営するA社では、自社の店舗で使えるスマートフォン決済アプリのユーザーに対し、新しいキャンペーン景品を探していました。自社店舗の顧客を増やすために、決済サービスのユーザーを増やし、顧客満足度を高めることが目的でした。

キャンペーンの景品に求める条件は、応募者の目を引くこと、新しいこと、汎用性が高いこと、デジタル商品であることです。決済アプリのキャンペーンであるため、デジタル商品であることが条件としてあがるのは当然といえるでしょう。

また、なるべく多くの当選者を出すため、少額で配布できるものという希望もありました。こういった条件に見合う景品として、デジタルギフトを活用しました。

デジタルギフトは利用できる店舗やショッピングサイトが幅広く、小さな金額からでも設定できます。また、デジタルコードとして配布できるため、決済アプリのユーザーに紐付けやすく、実物の景品として配送する必要がないため輸送コストもかかりません。

S社では、キャンペーンの景品としてデジタルギフトを用いることで、コストを削減しながらユーザーの満足度向上に成功しました。

②社員の販売奨励・インセンティブとして(電機メーカーB社)

大手電機メーカーとして日本を代表するB社では、多くの営業スタッフのモチベーションを維持するため、インセンティブを配布していました。

営業成績によってインセンティブの設定金額が異なるため、営業スタッフ一人ひとりの業績に応じて必要な金額を準備しなければなりません。責任者が金額を確認しながら現金を封筒に入れ、渡す際にも別の営業スタッフに渡してしまわないよう十分に注意しながら配布していたため、多くの労力と時間が費やされていました。

こういったインセンティブをギフトカードに置き換えたことで、大きな変化が生まれました。

営業スタッフに配布するのは、プラスチック製のギフトカード1枚のみです。そのギフトカードに金額を設定(※)して有効化すると、その金額分の商品購入が可能となるタイプのギフトカードです。

これにより、事務作業が軽減しました。営業スタッフごとに金額を設定して有効化するだけですみ、インセンティブ準備の簡易化に成功したのです。結果として、大幅な業務効率化を実現しました。