PR

元子役スター 若山耀人容疑者(20)死体遺棄事件に関与NHKドラマにも出演

NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

栃木県那須町で起きた衝撃的な事件、夫婦の焼けた遺体が発見された事件について、警視庁は5月1日、死体損壊の疑いで元子役スターの若山耀人容疑者(20)を逮捕したと発表しました。この事件は全国に衝撃を与えています。

元子役スター 若山耀人容疑者(20)死体遺棄事件に関与NHKドラマにも出演

映画『曇天に笑う』のイベントに出席した若山耀人
映画『曇天に笑う』のイベントに出席した若山耀人

事件の詳細については、那須町の河川敷で会社役員の宝島龍太郎さん(55)とその妻、幸子さん(56)の遺体が発見されたことから始まりました。その後の捜査で、平山綾拳容疑者の逮捕を皮切りに、若山容疑者を含む計4人が逮捕されています。

タトゥーが入った現在の若山容疑者

警視庁の発表によれば、若山容疑者は他の者と共謀し、4月16日未明から朝までの間に、栃木県那須町の河川敷で、宝島さんと幸子さんの遺体に火をつけて損壊した疑いが持たれています。

若山容疑者は子役として活躍し、数多くの作品に出演していました。その中には、ドラマ『悪夢ちゃん』(2013年、日本テレビ)、『仮面ライダーウィザード』(2013年、テレビ朝日)、大河ドラマ『軍師官兵衛』(14年、NHK)、映画『ぼくが命をいただいた3日間』(16年)、『曇天に笑う』(18年)などが含まれています。

この逮捕の発表を受けて、SNSでは驚きの声が上がっています。「那須の事件ニュースでやってて若山耀人って聞こえてきてめっちゃ声出ちゃった」「売れっ子だったのになぜ」「子役時代知ってるとなおの事悲しい」「まだ、20歳なのにいったい何があったんや」などというコメントが寄せられています。

同級生のコメント

また、若山容疑者の中学時代の同級生からのコメントも寄せられています。「中学2年の時に俳優業に力を入れるため、美濃加茂から東京に引っ越してしまった。中学では級長やったりとリーダー的な存在で先生達からも生徒からも人気でしっかりしていた。 彼が変わってしまったのは東京に行ってからでしょう。最後に見たのは1/8の成人式でしたが、周りからは孤立してたように見えました。というのもあまり良くない噂が出回っていたりしてて、当時では考えられないタトゥーもびっしり入ってて私も仲が良かったですが会話することは無かったです。」とのことです。この事件は、若山容疑者の人生がどのように変わったのか、そして何が彼をこのような行動に駆り立てたのか、多くの人々が注目しています。

この事件についての詳細

栃木県那須町で発見された夫婦の焼けた遺体に関連して、警視庁は5月1日に元俳優の若山耀人容疑者(20歳)と韓国籍の姜光紀容疑者(20歳)を死体損壊の疑いで逮捕しました。若山容疑者と姜光紀容疑者は、4月16日未明から朝までの間に、栃木県那須町の河川敷で、飲食店経営の宝島龍太郎さん(55歳)と幸子さん(56歳)の遺体に火をつけて損壊した疑いが持たれています。

若山容疑者は、子役として活躍し、多くの作品に出演していました。その中には、ドラマ『悪夢ちゃん』(2013年、日本テレビ)、『仮面ライダーウィザード』(2013年、テレビ朝日)、大河ドラマ『軍師官兵衛』(14年、NHK)、映画『ぼくが命をいただいた3日間』(16年)、『曇天に笑う』(18年)などが含まれています。

この逮捕の発表を受けて、SNSでは驚きの声が上がっています。「那須の事件ニュースでやってて若山耀人って聞こえてきてめっちゃ声出ちゃった」「売れっ子だったのになぜ」「子役時代知ってるとなおの事悲しい」「まだ、20歳なのにいったい何があったんや」などというコメントが寄せられています。

若山容疑者は、30日午後10時40分すぎに、千葉市若葉区の知人宅にいたところを、警視庁の捜査員により身柄を確保されました。また、既に逮捕されている平山綾拳容疑者(25歳)は、若山容疑者を「キラト」、姜容疑者を「カン」と呼んでいて、「年末から年明け頃、カン、キラトと知り合い、何度か飲んだ」などと供述しているという。

事件前日に平山容疑者から車を借りた若山容疑者と姜容疑者が、東京・品川区から那須町の現場に行ったとみられています。若山容疑者は、岐阜県出身で、2014年度のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で主人公黒田官兵衛の幼少時代を演じて一躍有名になり、山陽・九州新幹線「みずほ」の姫路駅停車を記念して、姫路駅の一日駅長を務めた事もあった。

この事件は、若山容疑者の人生がどのように変わったのか、そして何が彼をこのような行動に駆り立てたのか、多くの人々が注目しています。

闇堕ちの元俳優、報酬250万円で転落… 栃木2遺体事件、新たな衝撃的事実

華やかな経歴を捨て、250万円で魂を売った男

元俳優・若山耀人容疑者、金に目がくらみ凶行に手を染める

栃木県那須町で発生した遺体損壊事件。元俳優の若山耀人容疑者(20)が、その残忍な犯行の背後に潜む衝撃的な事実が明らかになった。

巨額報酬250万円の行方

若山容疑者は、韓国籍の姜光紀容疑者(20)と共謀し、飲食店経営者の宝島龍太郎さん(55)と妻の幸子さん(56)を殺害。その後、遺体を那須町の河川敷で焼却した容疑で逮捕された。

捜査関係者によると、若山容疑者は犯行後、姜容疑者と共に大阪へ逃亡。そこで2人は「遺体処理の報酬として数百万円を受け取った」と供述している。その額は、一部報道でそれぞれ250万円とされている。

散財に狂った2人の末路

その後、関東へ戻った2人だったが、その際、報酬の大半を所持しておらず、大阪で浪費していたことが判明。凄惨な事件を起こしながら、豪遊していた若山容疑者の姿は、まさに「闇堕ち」そのものだ。

元子役から転落した栄光への代償

若山容疑者は、幼少期からドラマや映画に出演してきた元子役。「若山耀人」の名で、「軍師官兵衛」「仮面ライダーウィザード」「曇天に笑う」など数々の作品に出演し、将来を嘱望されていた。

しかし、華やかな経歴とは裏腹に、若山容疑者は金銭欲に目がくらみ、取り返しのつかない罪を犯してしまった。

関係者から驚きの声

若山容疑者の転落劇に、関係者からは驚きと失望の声が続出している。

元警察OBは、「犯行の動機は金銭のみ。逃亡後も潜伏するわけでもなく、豪遊していたのは不可解だ」と首をかしげる。

また、子役時代を知る芸能マネージャーは、「明朗快活だった。まさかこんなことになるとは想像もつかなかった」と、深い悲しみを語っている。

若山容疑者は、なぜこのような道を歩んでしまったのか。金銭欲に目がくらんだのか、それとも別の闇を抱えていたのか。真相は未だ闇の中だが、いずれにしても、この事件が若山容疑者の転落劇を決定的なものにしたことは間違いない。

この事件は、私たちに何を問いかけているのか。金銭の魔力と、人間の脆さを改めて考えさせられる衝撃的な事件である。

大河ドラマ共演俳優の逮捕にショック、谷原章介が複雑な心境を吐露

俳優・谷原章介

「言葉にならない…10歳だった彼は静かで演技も上手かった」

俳優の谷原章介(51)が2日、情報番組「めざまし8」に出演し、栃木県那須町の夫婦殺害事件で逮捕された元子役の若山耀人容疑者(20)について、複雑な心境を語った。

谷原と若山容疑者は、2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で共演。谷原は主人公・黒田官兵衛の軍師・竹中半兵衛役を演じ、若山容疑者は官兵衛の幼少期(万吉)と嫡男・長政の幼少期(松寿丸)の2役を演じた。ドラマの中では、半兵衛が松寿丸の殺害を命じられながらも密かに命を救うというシーンもあった。

前日1日には、「若山君がこういうことを起こしてしまうなんて、本当に残念でなりません」とコメントしていた谷原。この日は、「共演経験はありましたが、個人的な付き合いはなかった」としながらも、「10歳だった彼はとても静かで、演技も上手かった。これから売れていくんだろうなと期待していました」と若山容疑者との思い出を語った。

また、「若山君がなぜこのような事件を起こしてしまったのか、理解できません。ただ、彼がこのような道を歩んでしまったことに、深い悲しみを感じています」と、ショックを隠せない様子だった。

若山容疑者は、殺害容疑で逮捕されており、警察は引き続き捜査を進めている。

以下、谷原章介の発言詳細

  • 「若山君がこういうことを起こしてしまうなんて、本当に残念でなりません。共演した作品では命を救う役どころでしたが、まさか現実でこのような悲劇が起こるとは…」
  • 「若山君とは撮影でしか会ったことがありませんでしたが、とても静かで演技も上手な子でした。これから売れていくんだろうなと期待していました」
  • 「彼がなぜこのような事件を起こしてしまったのか、理解できません。ただ、彼がこのような道を歩んでしまったことに、深い悲しみを感じています」
  • 「若山君が一日も早く立ち直り、罪を償ってくれることを願っています」

この事件を受け、SNSでは「信じられない」「ショックすぎる」などの声が寄せられている。