PR

2024年最新 警備員に向いている人 向いていない人を解説

警備員として誇りを持っている男女 NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

この包括的なガイドでは、警備員になるために必要な資格、求められるスキル、職業としての年収や将来性について詳しく説明しています。また、警備員の仕事がどのような人に向いているか、仕事の挑戦と報酬、そして女性警備員の独特なメリットについても掘り下げています。警備業界でのキャリアを考えている方にとって、貴重な洞察を提供します。

警備業や警備会社の歴史を詳しく見ていくと、その起源は意外と古く、各国の社会的・経済的な発展と密接に関係しています。ただし、ここでは特に日本における警備業の発展に焦点を当てて説明します。

日本における警備業の始まり

日本における警備業の形式的な起源は、20世紀の中頃、特に第二次世界大戦後にさかのぼります。戦後の混乱と経済の復興過程で、公的な治安機関だけではカバーできない安全保障のニーズが高まりました。それに応える形で、民間の警備会社が誕生し始めました。

警備業法の制定

日本における警備業務の範囲や基準を定めたのが、1978年に制定された「警備業法」です。この法律の制定により、警備業務の質の向上、警備員の資質の確保、そして警備業務に従事する事業者の健全な発展が促されました。

警備業の多様化

1980年代から1990年代にかけて、日本の経済はバブル経済を経験しました。この時期、商業施設、オフィスビル、イベントなどの警備ニーズが大きく拡大し、それに伴い警備業も多様化しました。警備業務は、施設警備や交通誘導警備だけでなく、個人の身体警備(ボディーガード)や情報セキュリティ分野にも広がりを見せています。

現代の課題と進化

21世紀に入ると、テロ対策やサイバーセキュリティなど新たな脅威に対応するため、警備業界は更に専門化・高度化しています。また、技術の進歩に伴い、監視カメラの普及やセキュリティシステムの高度化が進んでおり、人間の警備員と機械・システムが連携して警備を行う「機械警備」の重要性が高まっています。

さらに、近年では国際的なビジネスの展開や観光客の増加に伴い、外国語対応ができる警備員の需要も増加しており、警備業界では多様な人材を確保するための努力が求められています。

このように、警備業・警備会社の歴史は、社会の変化とともに発展してきました。現代では、単に「警備」を提供するだけでなく、総合的なセキュリティサービスを提供する企業へと進化を遂げています。

警備の種類

警備の種類は大きく分けて、物理的な警備と技術的な警備に分類されます。これらの中でもさらに細かく分類され、各々が特定のニーズやリスクに応じた警備サービスを提供しています。以下はその具体的な種類と説明です。

物理的な警備

  1. 施設警備(定常警備)
    • 商業施設、オフィスビル、学校、病院など特定の施設内での安全管理を行う警備。不審者の侵入防止、監視カメラのモニタリング、鍵の管理などが含まれます。
  2. 巡回警備
    • 複数の施設や地域を巡回し、異常がないか定期的にチェックする警備。主に夜間に行われることが多く、緊急時の初期対応も担当します。
  3. 交通誘導警備
    • 工事現場やイベント会場などで、交通の安全を確保し、円滑な流れを促すための警備。歩行者や車両の誘導を行います。
  4. 身辺警護(ボディーガード)
    • 個人の安全を守るための警備。有名人やVIPの身辺安全を確保するため、接近するリスクから保護します。
  5. イベント警備
    • コンサート、スポーツイベント、展示会など、特定のイベントの安全管理を行う警備。参加者の安全や秩序維持が主な任務です。

技術的な警備

  1. 機械警備
    • 監視カメラやセンサー、アラームシステムなどのセキュリティ技術を利用して、施設や個人の安全を守る警備。遠隔からの監視や、異常検知時の自動通報が特徴です。
  2. 情報セキュリティ警備
    • サイバー攻撃や情報漏洩から企業の重要なデータを保護するための警備。ファイアウォールの管理、アクセス制御、暗号化技術などを駆使します。
  3. 防災・防犯コンサルティング
    • 警備会社が専門的な知識を活かして、防災や防犯対策の計画立案やアドバイスを提供。実際の警備業務に加えて、クライアントの安全管理体制の構築をサポートします。

これらの警備の種類は、それぞれに特化した技術やノウハウが必要とされ、警備会社によって提供されるサービスの範囲や質には差があります。また、現代ではこれらの物理的な警備と技術的な警備が融合し、より高度かつ効果的なセキュリティ対策が求められています。

警備専門アドバイザーが面接のセッティングから履歴書の添削、面接対策、入社後のフォローまで徹底したサポート

警備員なら変化に気付く観察力と、不審物を発見する判断力を持て!

警備員という仕事は、単に安全を守るだけではなく、変化に敏感であること、状況を正確に判断できる能力が求められます。この記事では、警備員に適した人物像から、仕事の難しさ、年収、必要な資格やスキル、そして警備員としての将来性に至るまで、警備員という職業の全貌を深掘りします。また、女性警備員のメリットや多様性が業界にもたらす価値についても触れています。

警備員はどんな人が向いていますか?

警備員という職業は、特定の性格やスキルセットを持つ人に最適です。この仕事は、単に施設やイベントの安全を守る以上のものを要求します。それでは、どのような特徴を持つ人が警備員に向いているのでしょうか。

まず、警備員には高い観察力が求められます。日々の業務では、小さな変化を見逃さず、時にはその変化が大きな問題に発展する前に対処する必要があります。このため、細部に注意を払い、状況の変化に迅速に反応できる人が適しています。

次に、冷静さと判断力も非常に重要です。予期せぬ事態が発生した場合、パニックになることなく、冷静に状況を評価し、適切な対応を選択する能力が求められます。これは、緊急時に冷静さを保ち、周囲の人々を安全に導くために不可欠です。

また、コミュニケーション能力も欠かせません。警備員は、来訪者やクライアント、同僚と効果的にコミュニケーションを取る必要があります。これには、明確で理解しやすい指示を出すことから、時には交渉や説得が必要になることも含まれます。このように、人と接することに抵抗がなく、効果的にコミュニケーションを取れる人は警備員として成功しやすいでしょう。

最後に、物理的なスタミナも重要な要素です。警備員の仕事は、長時間にわたる立ち仕事や巡回など、肉体的に要求されることが多々あります。そのため、良好な健康状態とスタミナを維持できる人が適任と言えます。

以上のように、警備員に適した人物は、観察力が鋭く、冷静で判断力があり、人とのコミュニケーションが得意で、物理的にも健康である必要があります。これらの特性を備えた人は、警備員としての仕事を効果的にこなし、多くの場面で貢献することができるでしょう。

ズバリ!よく居る警備員で、ダメな人

仕事が出来ない警備員のイメージ画像

警備員としての職務は多岐にわたり、高度なスキルと献身的な態度が求められます。しかし、中にはこの要求に応えられない「ダメな警備員」も存在します。では、具体的にどのような特徴を持つ警備員が、このカテゴリーに分類されるのでしょうか。

まず、「ダメな警備員」の一番の特徴は、業務に対する無関心です。これは、指示されたタスクを最低限の努力でこなそうとする態度や、細部にわたる観察を怠ることに現れます。警備員としての主要な役割の一つは、予期せぬ事態を未然に防ぐことですが、このような警備員はその責任を果たせません。

異変に気づかないダメ警備員

次に、不適切なコミュニケーションスキルも、「ダメな警備員」の特徴です。来訪者やクライアント、同僚との適切なコミュニケーションは、警備業務の効果を最大化する上で不可欠です。しかし、対人関係が苦手、または不適切な態度で接することで、業務に悪影響を及ぼす警備員もいます。

また、柔軟性の欠如も問題となります。警備員は予測不可能な状況に対応するため、臨機応変に行動できる必要があります。しかし、固定観念に縛られ、状況の変化に適応できない警備員は、問題を解決するよりも悪化させることがあります。

さらに、「ダメな警備員」には、プロ意識の欠如が見られます。プロとしての自覚が不足していると、制服の乱れ、遅刻や早退など、職業倫理に反する行動をとることがあります。これは、警備員個人だけでなく、所属する組織全体の評判を損なう結果を招きます。

最後に、肉体的、精神的な健康を維持できないことも、「ダメな警備員」の特徴の一つです。長時間の立ち仕事や夜間勤務など、警備員には高い体力が求められますが、これに耐えられない人もいます。また、ストレスに弱く、緊急時に適切に対応できない警備員も問題です。

これらの特徴を持つ警備員は、職務の重要性と責任を理解し、改善に向けた意識を持つことが必要です。警備員として成功するためには、プロフェッショナリズムを高め、常に自己改善に努める姿勢が不可欠です。

  • 責任感が無く、楽をする事しか考えない、向上心が無い人
  • 異常を見つけても、報告せずに人任せにする人
  • 面倒くさがり屋
  • 思いやりが無くコミュニケーションが苦手な人
  • 喋るのが苦手な人

上記に当てはまるタイプの人は、100%警備員には向いていません。

いずれ、去っていくでしょう。

警備員の年収はいくらですか?

警備員(正社員)の年収は約335万円

厚生労働省が発表している「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、警備員(正社員)の給与は255,000円。 年間賞与・その他特別給与が282,700円なので、年収はおよそ335万円。2024/03/13

警備員の年収は、さまざまな要因によって大きく異なります。これには勤務地、経験年数、保有資格、勤務形態(常勤か非常勤か)、そして勤務する企業の種類や規模などが含まれます。以下では、これらの要素が警備員の年収にどのように影響するかを詳しく説明します。

まず、勤務地が年収に大きな影響を与えます。都市部や経済活動が活発な地域での需要は高く、それに伴い給与水準も上がります。逆に、地方や人口が少ない地域では、警備員の需要が低く、給与も相対的に低めに設定される傾向があります。

経験年数も重要な要素です。一般的に、経験が豊富な警備員は、新人警備員よりも高い年収を得ることができます。これは、経験を積むことで獲得するスキルと知識が、より高度な警備業務の遂行に直結するためです。

保有資格も年収に影響を及ぼします。特定の安全管理や防災関連の資格を持つ警備員は、専門的な業務を担当することが多く、その分、報酬も高くなる傾向にあります。例えば、特殊な設備やシステムの操作が求められる場合、その資格を持つ警備員はプレミアムがつく場合があります。

勤務形態も年収を左右する要因の一つです。フルタイムで働く常勤の警備員は、非常勤やアルバイトとして勤務する警備員に比べて、一般的に安定した収入を得ることが可能です。また、夜間や休日勤務など、不規則なシフトで働く警備員は、追加の手当を受け取ることがあります。

最後に、勤務する企業の種類や規模も影響します。大手警備会社や特定の施設・イベント専門の警備を行う企業では、より高い給与を提供することが一般的です。これに対し、小規模な警備会社やローカルなイベントの警備を行う場合、給与水準は低めに設定されることがあります。

以上の要因を踏まえると、警備員の年収は大きく変動することがわかります。平均的な年収の範囲を示すことは難しいですが、一般的には、初年度の警備員は比較的低めの給与からスタートし、経験を積み重ね、資格を取得することで、徐々に収入を増やしていくことが可能です。

警備員になるにはどんな条件がありますか?

警備員になるための条件は、勤務地や業務内容によって異なりますが、一般的に必要とされる資格や経験には共通点があります。警備業界への入門を目指す人々にとって、これらの要件は重要な指針となります。

基本的な要件

まず、警備員になるためには、一定の年齢や健康状態を満たす必要があります。多くの場合、18歳以上であることが求められ、身体的にも精神的にも健康であることが重要視されます。これは、時に肉体的に厳しい勤務を要求されることや、緊急時に冷静で適切な対応ができる能力が必要とされるためです。

資格

特定の資格が必要とされることは少ないものの、警備業務を行う上で有利となる資格はいくつか存在します。たとえば、一部の国や地域では、警備員として働く前に受ける必要がある基本的な訓練コースが定められており、これを修了することで初めて警備員としての資格を得ることができます。また、CPR(心肺蘇生法)や応急手当の資格は、警備員としての価値を高め、緊急時の対応能力を示すものとして重宝されます。

経験

直接的な警備業務の経験がなくとも、関連する経験があれば警備員としての採用に有利に働くことがあります。例えば、顧客サービス、公共の安全、または軍事・警察関係の背景は、警備員として求められるスキルセットとよく一致します。コミュニケーション能力、状況判断力、リーダーシップなど、これらの分野で培ったスキルは、警備員としての業務で直接活かすことができます。

法的要件

一部の地域では、警備員になるために特定の法的要件を満たす必要があります。これには、犯罪歴のないことを証明する背景調査のクリアや、特定のライセンスの取得が含まれる場合があります。これらの要件は、警備員が公共の安全を守る上で信頼できる人物であることを保証するために重要です。

警備員になるためには、これらの条件を満たすことが重要であり、特に法的要件や基本的な資格は、入門レベルであっても必須となることがあります。また、関連する経験や追加の資格は、警備員としてのキャリアをさらに発展させるための基盤となります。

警備業界未経験者の転職にも安心!

警備の仕事に就けない人は?

警備の仕事に関しては、その責任の重さと公共の安全を守るという役割から、特定の条件を満たしていない人は就業が難しいとされています。以下は、警備業務を行うことができない主なケースを詳しく説明したものです。

成年被後見人または被保佐人の登記がある人

成年被後見人や被保佐人とは、精神上の理由などで自己の事務を処理する能力が不十分と認められ、法律に基づき保護の対象となっている人々を指します。これらの人々は、日常生活や経済活動において重要な意思決定を自立して行うことが難しいため、警備業務のような高度な責任と緊急時の迅速な判断を要求される仕事に就くことは適切ではありません。

うつ病などの精神に障害がある人

警備業務は、精神的にも肉体的にも要求が高いため、うつ病やその他の精神障害を抱える人にとっては非常に困難です。精神障害があると、緊張高まる状況で冷静な判断を下すことができなかったり、適切に行動することが難しくなったりする可能性があります。このため、安全な警備業務の提供に影響を与える可能性があるため、就業が制限されることがあります。

外国人

外国人が警備員として働くことができないとされるのは、主に法律や国家安全上の理由に基づきます。一部の国では、警備員として働くためには国籍要件を満たす必要があり、自国の国民のみが警備業務に従事できるよう制限しています。この背景には、言語能力や法律の理解、国への忠誠心など、警備業務の質を担保するための考慮があります。

執行猶予中の人

執行猶予中の人が警備員として働くことが制限されるのは、犯罪歴があることが公共の安全を守る職業に従事する上での信頼性に影響を及ぼす可能性があるためです。特に、執行猶予中というのは再犯のリスクが懸念される状況であり、警備業務における重要な判断を任せることが適切ではないと判断されます。

これらの条件は、警備員としての職務遂行において必要とされる責任感、判断力、身体的・精神的な健全性を確保するためのものです。警備業界においては、これらの基準を満たすことが、職業としての信頼性を保つ上で極めて重要とされています。

ご利用はもちろん無料。警備員の転職に関するご相談はなんでもお任せください。

警備員の仕事は大変ですか?

異変に気づく警備員

警備員の仕事は、公共の安全を守るという重要な役割を担っているため、確かにその責任と要求は大きいです。この仕事は、多くの挑戦とともに、大きな満足感をもたらすことができる職業です。以下に、警備員の仕事がなぜ大変であり、それにもかかわらずどのようにしてやりがいを感じることができるのかを詳しく説明します。

体力的な要求

警備員の仕事は、長時間にわたる立ち仕事や、広大なエリアを巡回するなど、かなりの体力を要求されます。特に、大規模なイベントや施設の警備では、数時間にわたって同じ位置に立ち続けることも求められるため、体力的な疲労は避けられません。また、緊急時には迅速に行動する必要があり、そのための体