PR

フットボールアワー後藤、実姉とのデュエット曲でまさかの展開!照れ笑い止まらず

「フットボールアワー」の岩尾望(左)と後藤輝基 NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

お笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さん(49)が、5月17日発売のカバーアルバム第2弾『ホイップ』に、実姉との衝撃のデュエット曲を収録することを、12日放送のTBSラジオ「川島明のねごと」(日曜後7・00)で明かしました。

フット後藤 実の姉とデュエット「恥ずかったわ~!」 最後はメインボーカルも…アルバムの裏話明かす

5月17日発売の後藤のカバーアルバム第2弾『ホイップ』

タレント藤井隆さん(52)がプロデュースを手掛けるこのアルバム。1曲目収録の「自由になって」で、後藤さんはまさかのメインボーカルを姉に譲ることになったのです。

きっかけは、後藤さんのカラオケ選曲が姉の影響を受けていたことと、姉が元々歌手志望だったこと。藤井さんの熱烈なリクエストもあり、姉弟デュエットが実現しました。

驚くべきことに、後藤さんの姉はスタッフから「歌の仕事やってるんですか?」と尋ねられるほどの歌唱力を持つ逸材。ミュージックビデオにも出演し、アーティスト写真撮影も行われました。

「至近距離で歌うシーンは、照れまくりで恥ずかしかったわ~!」と後藤さん。相方との写真撮影よりも、姉弟での撮影の方が緊張した様子です。

レコーディングでも、姉のパートにまさかのアレンジが加えられたことが判明。「原曲にはないAh~Wow…とか入ってて」と、姉の自由な発想に後藤さんも驚きを隠せません。

さらに、楽曲のメインボーカルは姉が担当。「『自由になって』にしては主旋律姉ちゃんですから。私がコーラスのメロディー取ってます」と、まさかの展開に後藤さん苦笑いです。

3人姉弟の末っ子長男である後藤さんにとって、姉とのデュエットは格別な経験となったようです。照れ笑いと共に語られるエピソードは、番組を盛り上げました。

また、東スポでは、お笑いコンビ「中川家」(剛、礼二)が6日、ニッポン放送「中川家 ザ・ラジオショー」に出演。剛がゲストのフットボールアワー・後藤輝基に〝クレーム〟を入れた。

中川家剛 フット後藤・姉の発言に〝クレーム〟「今考えたら、失礼な」

放送では、介護士をしているという後藤の姉の話題に。剛は「俺、初めて後藤のお姉ちゃんに会うたとき、介護士とかやってるから『人が調子悪いとき分かるんですよ』って言われて、『そうなんですか』って言いながら握手したんよ」と切り出し「初めて会うたときやぞ、それ。後藤のお姉ちゃん、俺に『だいぶ病んではりますね』って(言った)」と打ち明けた。

 これに礼二は「さすがやな。すごいね」と爆笑。剛は「今考えたら、失礼な。初めて会うた人に」「『一応そういう仕事なんで、私は分かるんです。病んではりますね』って。『なんとなく握手した感じで分かったんですが』って。それが初めてでしたね…」と愚痴交じりに初遭遇を回想した。

 後藤は「弟の先輩にねえ…。そんなこと言わんでいいですからね。言う必要ないもん」と詫びたが、礼二は「言いたくなるぐらい病んでたんちゃう?」と笑いが止まらない様子だった。(東スポweb)引用