PR

NewJeans公演:見切れ席からの絶景!ファン絶賛の秘密

「NewJeans」 NEWS(総合)
記事内に広告が含まれています。
Gifts That Make You Happy to Receive

「NewJeans」、K-POP界の女性5人組の人気グループの来日公演。その公演で、追加販売された「見切れ席」が驚くほど素晴らしいと、ファンたちはX上で続々とその感動を共有しています。

NewJeans公演:見切れ席からの絶景!ファン絶賛の秘密

「見切れ席」は通常、ステージの一部が見えない位置、例えば真横や機材の後ろなどを指します。これまで、その視界の制限からくる不満がX上で頻繁に取り沙汰されてきました。しかし、今回のNewJeansの来日公演では、その「見切れ席」が意外な魅力を放っていました。

ステージに向かって左側の席からは、NewJeansのメンバーを映し出すモニターは斜めからしか見ることができません。しかし、その席からはメンバーの姿が手に取るように横から見え、ライブを撮影するカメラのすぐ上に位置しているため、目の前に遮るものが一切ありません。

2024年6月26日、東京ドームで行われた来日公演の初日。その日のうちにX上に投稿された写真を見ると、ドームはほぼ満席で、天井近くの後方まで人で埋まっていました。

その日、ネットで追加販売された見切れ席9000円(税込)のチケットを購入した投稿者。そのチケットには、「出演者、ステージ及び演出が一部見えにくい席となります。予めご了承ください」「座席位置によって、見切れの度合いは異なりますのでご注意ください」との注意書きがありました。

公演では、松田聖子さんの名曲「青い珊瑚礁」(1980年)をメンバーがカバーし、その表情が肉眼でくっきりと見えるほどの近さだったとのこと。所属事務所のトップであるアートディレクターのミン・ヒジンさん(44)がステージ脇からメンバーを見守る姿も確認でき、その席の素晴らしさに言葉を失ったと喜んでいました。

この投稿以外にも、公演での「見切れ席」を絶賛する声がX上で相次いでいます。

「見切れ席を買ったのに、まるで良席!これは何?」

「トロッコでメンバーが近くに来たし、モニターは見れないけどバンドメンバーも近かった」

「価格と場所を考えると最高!!!」

主催者は「客席については公演ごとに基準が変わってきます」と語ります。

ステージ横の見切れ席で6月26日のNewJeans来日公演を楽しんだあるファンは7月1日、J-CASTニュースの取材に応じ、「メリットが大きく、まさに『お得席』だった」と感じ、「とても素敵なコンサートだったので、非常に満足している」と明かしました。

一方で、来日公演のチケットは、1万3000円のS指定席から2万2000円のPREMIUM席まで、見切れ席以外は1万円以上となっています。見切れ席の評価が高かったことから、「S席を取ったのに、見切れ席の方がずっと近くて良い席だった」という不公平さを指摘する声も一部で聞かれました。

今回、ファンから感謝の声を受けた見切れ席は、なぜそうなったのでしょうか。他のコンサートでトラブルが続いていたことを考慮し、その環境を改善した結果なのでしょうか。

来日公演を主催したハヤシインターナショナルプロモーションズ(東京都渋谷区)の担当者は7月1日、取材に対し、「見切れ席を含む、客席については公演ごとに基準が変わってきます」と説明しました。

その上で、「どの公演に関しても、お客様が楽しんでいただけるように配慮しています」と述べ、公演ごとに改善を重ねていることを示唆しました。

ただし、客からの様々な声をどのように受け止めているのかなどについては、「詳細はお伝えできません」とし、取材に対しては詳細を明らかにしませんでした。この点については、今後の公演でどのように反映されるのか、引き続き注目が集まりそうです。