PR

朝ドラ出演の橋本環奈、ストレスで2度もドタキャンなぜ?

彼女が休演した舞台に上白石萌音さんが代役を務めた NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

25歳の女優、橋本環奈が5月に英国ロンドンで行われた主演舞台「千と千尋の神隠し」を二度にわたり急遽休演したとの報道があり、これによりNHK内部が緊張状態に陥っていると伝えられています。その理由は、橋本が今秋から約半年間にわたり放送されるNHKの連続テレビ小説「おむすび」の主演を務めることが決定しているからです。

朝ドラ出演の橋本環奈、ストレスで2度もドタキャンなぜ?

橋本環奈さんが舞台を休演した具体的な理由は公には明かされていませんが、一部報道によると「体調不良」や「過密スケジュールによる疲労」が原因と推測されています。

長時間のフライトや時差、慣れない海外での生活は身体に大きな負担をかけるため、これらが休演の理由として考えられます。

また、橋本さんは国内ツアーとロンドン公演を並行して行っており、その過密スケジュールが疲労の原因となった可能性もあります。

ただし、これらはあくまで推測であり、確定的な情報ではありません。橋本さん自身からの公式な発表を待つべきでしょう。ご心配の声が多く寄せられていますが、彼女の健康と安全が何よりも重要です。

彼女が休演した舞台に上白石萌音さんが代役を務めた

橋本環奈さんが休演した舞台「千と千尋の神隠し」のロンドン公演では、代役が立てられました。橋本さんが出演予定だった公演では、上白石萌音さんが代役を務めました。この舞台はクアトロキャストで、橋本さんの他に上白石萌音さん、川栄李奈さん、福地桃子さんの4人が千尋役を演じていました。そのため、橋本さんが休演した際には他のキャストが役を引き継ぐことが可能でした。具体的な休演の理由は公には明かされていませんが、ファンからは橋本さんの体調を心配する声が上がっていました。橋本さんの健康と安全が何よりも重要ですので、適切な休息とケアが行われていることを願います。

見事に代役を務めた上白石萌音さんの演技

上白石萌音さんが演じた千尋の役は、見た目は少し控えめに見えるものの、その中に強い意志が見え隠れしていました。

彼女の演技は安定感があり、物語の初めで父(堀部圭亮)と母(華優希)に「帰ろう」と言い募るシーンから、千尋が怖がりながらも用心深い性格を見せていました。

また、湯屋の従業員たちが最初は千尋を敵視していたにも関わらず、上白石さんの千尋はスムーズに馴染んでいく適応力を見せていました。

彼女の千尋は、一方で無茶をしそうで目が離せないと思わせるところもあり、安心感とハラハラのバランスが愛おしいと評されています。

ハクに見せる笑顔や、ススワタリたちに手を振ってはにかむ様子など、ちょっとしたシーンの表情に観客はキュンとさせられました。

上白石さんの演技は、物語の流れやセリフは同じであるものの、プリンシパル、アンサンブル共に細かな部分で個性が出ており、キャラクター同士の関係性もそれぞれ違って見えると評価されています。

そのため、観客はストーリーや舞台版の演出を知っていても新鮮な気持ちで楽しむことができました。