PR

【2025】橋本愛と横浜流星の新ドラマ:主人公の妻としての役割と本屋の娘の物語

橋本愛のインスタグラム(@ai__hashimoto)より NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

「べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~」という来年のNHK大河ドラマに、女優の橋本愛(28)が出演し、主人公・蔦屋重三郎の妻・ていを演じることが、横浜流星(27)と共に9日に公表されました。

橋本愛、4度目大河で3度目の主人公の妻 横浜流星演じる「蔦重」支える本屋の娘


「べらぼう」は、森下佳子氏の脚本により、18世紀半ばの江戸時代を舞台に、蔦屋重三郎(蔦重)の生涯を描いたドラマです。橋本愛が演じるていは、市中の本屋の娘で、謹厳実直な性格の持ち主です。彼女と吉原で育った蔦重は、本への愛という共通点を通じて互いに引かれ合います。

橋本は、彼女のキャラクターについての情報がほとんど残されていないため、森下氏の描くていの姿を自由に演じることに意欲を示しています。また、蔦重については「野心や反骨心、生命力に溢れる人」というイメージを持っており、その視点から彼を見つめることを楽しみにしています。

橋本の大河ドラマ出演はこれで4度目で、主人公の妻を演じるのは3度目です。彼女はこれまでの大河ドラマ出演経験を宝物とし、今回の作品も視聴者に愛される存在になるよう尽力すると語っています。

横浜流星と橋本愛主演の新ドラマ『べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~』の詳細なあらすじ

このドラマは、2025年のNHK大河ドラマ『べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~』で、横浜流星が主演を務め、橋本愛が出演します。

このドラマは、「江戸のメディア王」として時代の寵児になった快男児・蔦屋重三郎(横浜流星)を主人公とした笑いと涙と謎に満ちたエンターテインメントドラマです。

舞台は、文化隆盛の江戸時代中期。蔦屋重三郎は、喜多川歌麿、葛飾北斎、山東京伝、滝沢馬琴を見出し、日本史史上最大の謎のひとつ「東洲斎写楽」を世に送り出しました。

橋本愛が演じるのは、蔦屋重三郎の妻である「てい」。ていは、謹厳実直で控え目な女性で、それが故に損ばかりをしてきた過去をもつ。

ある種、世慣れた遊女たちが集まる吉原で育った蔦屋重三郎にとっては非常に慣れないタイプの女性であり、ていにとっても蔦重はその出自も含めて受け入れがたい存在であった。

しかし、「本を愛する」という一点については共通しており、それが二人の絆となり、いつしかかけがえのない存在となっていく。

以上が、このドラマの大まかなあらすじです。楽しみにしていてください。