PR

2024年版 楽天モバイル「最強プラン」の評判

Rakuten最強プラン イメージ画像 ポケットWiFi
Gifts That Make You Happy to Receive

楽天モバイルの「R2024年版 楽天モバイル「最強プラン」の全て 料金 速度 カバレッジ詳細akuten最強プラン」は、データ通信のみで最も安いプランです。データ無制限・通話無料で利用できるほか、ポイント還元やSPU+4倍の特典もあります。この記事では、2024年版の「Rakuten最強プラン」の料金、速度、カバレッジの詳細をご紹介します。

≪楽天NEWS≫

楽天会員カード会員の方が2024年4月15日10:00までにキャンペーンページからRakuten最強プラン(※2)にはじめてお申し込みをし、2024年4月30日(火)23:59までにプランを利用開始すると、 楽天ポイント20,000ポイントをプレゼントするキャンペーンです(※1)。 ※1 2024年6月より5カ月間にわたり、各月末日ごろに4,000ポイントを進呈。進呈日から3カ月後月末まで有効 ※2 「Rakuten最強プラン(データタイプ)」は対象外

2024年2月21日(水)より、利用意思がないと認められる楽天モバイル回線への契約解除料(解約事務手数料)980 円(税込1,078 円)の請求を開始いたします。 契約解除料の請求対象は「利用意思がないと客観的合理的に判断したお客様のみですので、通常の利用であれば契約解除料は引き続き0円となりますのでご安心ください。

『スマホ料金をチェックするだけで100ポイントプレゼント』キャンペーン
公式 スポンサーリンク

2024年版 楽天モバイル「最強プラン」の評判

はじめに

楽天モバイルは、2023年7月に新しい料金プラン「Rakuten最強プラン」を発表しました。このプランは、データ通信のみで最も安いプランで、データ無制限・通話無料で利用できるプランです。ポイント還元やSPU+4倍の特典もあります。この記事では、2024年版の「Rakuten最強プラン」のメリットとデメリット、料金、カバレッジの詳細をご紹介します。楽天モバイルに興味のある方や、乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

公式 スポンサーリンク

メリットとデメリット

楽天お得ポイント

「Rakuten最強プラン」のメリットとデメリットをまとめてみました。

デメリット

  • データタイプの場合、データ通信のみの利用となり、通話やLinkアプリは利用できません。
  • Rakuten Linkアプリ未使用時は、通話料が30秒22円かかります。
  • eSIM対応製品が限られています。
  • ポイントで料金支払いができるのは、口座振替を指定していない場合のみです。

メリット

『スマホ料金をチェックするだけで100ポイントプレゼント』キャンペーン
  1. 楽天モバイルの通信エリアは、人口カバー率で99.9%に達しており、4キャリア中、最も多くの地域で業界最高水準の通信品質評価を獲得しています。
  2. 海外でも対象の国と地域で高速データ通信が毎月2GB無料で利用できます。
  3. 楽天市場のお買い物でSPU+5倍のポイントが貯まります。
  4. 楽天モバイルご紹介で最大7,000ポイントがもらえます。
  5. YouTube Premiumが3か月無料で利用できます。

「PR」

公式 スポンサーリンク

次に、24時間通話かけ放題を比べた場合のメリットを見てみましょう。

料金

「Rakuten最強プラン」の料金は、以下の表のようになっています。

楽天最強プラン
キャリアプラン名24時間通話かけ放題
オプション
基本料金データ通信量合計料金
NTTドコモahamo1,100円2,970円20GB4,070円
aupovo2.01,500円2,700円20GB4,200円
ソフトバンクLINEMOスマホプラン1,650円2,728円20GB4,378円
楽天モバイルRakuten最強プラン0円2,980円無制限2,980円
パートナー回線でデータ無制限といっても、auと同等の高速通信が可能になるわけではない

LINEMOスマホプラン 通話オプションを含めた合計金額と比較しても、毎月、1,938円も差があることが分かります。

楽天モバイルはこの新ローミング協定に伴い、ローミングエリアにおける高速通信を月間5GBまでとする制限を6月1日から撤廃。同日に提供する「Rakuten最強プラン」では、ローミングエリアでも無制限でデータ通信を利用可能とする。これで人口カバー率が99.9%になり、同社は他キャリアと遜色ないカバー率になった。

この背景には、以下の制約があります。

auローミングエリア内での速度

au/UQ mobile/povoでは800MHz帯に加え、700MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯、2.5GHz帯、3.5GHz帯を用いており、複数の周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーションによって、さらなる高速通信を実現している。加えて、繁華街でも全域をカバーするのではなくスポットでカバーするため、「auの繁華街全体に占めるトラフィックは数%程度であることを試算している」(KDDI 執行役員 パーソナル事業本部 副事業本部長 兼 事業創造本部長の松田浩路氏)とのこと。

楽天モバイルがローミングで利用するのは800MHz帯のみで、複数の周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーションではないという事です。

それにしても、auローミングエリアでも無制限でデータ通信を利用可能は、ありがたい。

楽天モバイルは、auローミングエリア内での通信速度について、公式な情報は限られていますが、利用者の実体験に基づく情報がいくつか見つかりました。楽天モバイル自体の通信速度は、場所や時間帯によって変動しますが、一部のデータによると、楽天モバイルの通信速度は104.16Mbpsに達することがあり、これは他社の格安SIMと比較しても速い部類に入ります​​。また、大手キャリアとの比較では、楽天モバイルの速度はauやソフトバンク、ドコモと比べても遜色ないレベルであることが示されています​​。

楽天モバイルとKDDIは新たなローミング協定を結び、東京23区、名古屋市、大阪市を含む都市部の繁華街でローミングサービスを新たに提供することになりました。この協定により、ローミングエリアの提供期限も延長されています​​。

ただし、auローミングエリア内での具体的な通信速度は、使用する地域、時間帯、ネットワークの混雑状況などによって異なるため、一概には言えません。楽天モバイルの公式サイトやサポートに直接確認するか、実際の利用者のレビューやフォーラムでの報告を参考にすることをお勧めします。

公式 スポンサーリンク

カバレッジ

「Rakuten最強プラン」のカバレッジは、2024年1月時点で、人口カバー率で99.9%に達しています。また、30府県で「一貫した品質」のRank1を獲得しており、4キャリア中、最も多くの地域で業界最高水準の通信品質評価を獲得しています。

まとめ

「Rakuten最強プラン」は、データ通信のみで最も安いプランで、データ無制限・通話無料で利用できるプランです。ポイント還元やSPU+4倍の特典もあります。速度やカバレッジも優れており、海外でも高速データ通信が無料で利用できます。デメリットとしては、データタイプの場合は通話やLinkアプリが利用できないことや、eSIM対応製品が限られていることなどが挙げられます。

楽天モバイルに興味のある方や、乗り換えを検討している方は、是非「Rakuten最強プラン」をチェックしてみてください。楽天モバイルの公式サイトやショップで詳細を確認できますし、オペレーターと相談しながらお申し込みもできます。

楽天モバイルが提供する最強プランは、多くのスマートフォンユーザーにとって非常に魅力的な選択肢です。このプランの最大の特徴は、その柔軟な料金体系と通話かけ放題のサービスにあります。

公式 スポンサーリンク