PR

ありそうで無かったギガ不足解消法 買い切りWiFiで賢く節約

DALL·E 2024-01-19 17.03.17 - A digital artwork showing a pocket WiFi device with a slow speed indicator on its screen, surrounded by a series of clocks with their hands moving rap ポケットWiFi
Gifts That Make You Happy to Receive

毎月ギガを購入しても足りない、逆にギガを余らせて無駄にしている、そんなあなたにおすすめなのが、買い切りポケットWiFiです。この記事を読むことで、1ギガ(64円)に済ませる事が可能になります。

インターネットを使う機会が増えている今、スマホやタブレットのデータ通信量に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。あなたは、ギガが足りなくなった時、1ギガ(1,000円)で追加していませんか?そんなあなたにおすすめなのが、買い切りポケットWiFiです。買い切りポケットWiFiとは、契約不要で必要な分だけギガを購入できるモバイルWiFiのことです。この記事では、買い切りポケットWiFiのメリットや選び方、おすすめの商品をご紹介します。買い切りポケットWiFiで、インターネットを快適に楽しみましょう。

auデータ追加料金
au 公式サイト 引用

1カ月の平均的な消費ギガ数

自分の消費ギガが普通よりも多いかどうかわからないという人のために、1カ月の平均消費ギガ数を紹介します。株式会社MM総研が発表した「携帯料金の月額利用料金とサービス利用実態(2021年12月時点)」によると、1カ月の平均消費ギガ数は8.95GB。この調査では自宅にWi-Fi環境がない人や、データ通信量が無制限のプランを利用している人など、常にギガを使用している人も含まれています。そのため自宅にWi-Fi環境がある人は平均より少ない消費に収まる場合が多いでしょう。ギガ消費量ごとの割合を見ると、月に1GBまでしか使っていない人は31.5%、2GBは10.7%、3GBは16.5%、7GB未満は75.4%で、過半数の人が月に3GBあれば十分という結果に。

株式会社MM総研

2020年12月に発表した総務省の統計では、ギガ消費が月に2GB未満という人は49.5%、2GB~5GB未満は16.5%、5GB~8GB未満は8.7%と、計66%は月に5GB未満で、74.7%の人は月に8GBも使わないようです。ただしこちらも自宅にWi-Fi環境があり、Wi-Fiを利用してギガを節約している人は多いでしょう。月10GB~20GB未満は10.4%、20GB以上も11.3%いるため、自宅にWi-Fi環境がない場合は月に10GBや20GBを超える場合もあるので、注意が必要です。

総務省の統計 引用

ライフスタイルに基づくスマートフォン料金プランの選び方

データ使用量を抑えるためには、自宅のブロードバンド接続やWi-Fiの活用が重要です。ライフスタイルやWi-Fiの可用性に応じて、適切なスマートフォンのプランを選ぶ必要があります。この記事では、個々の生活習慣を踏まえた上で、どの程度のデータ容量が必要かをご紹介します。

自宅中心ライフで考える: 最小限のデータプランで足りるか?

在宅ワークをする人や家事に専念している方々が中心となって自宅で過ごす時間が多い場合、Wi-Fiを主に使用しているため、少ないデータ量のプランでも充分です。自宅での動画ストリーミングやアプリのダウンロードなど、データを多く消費する活動もWi-Fi接続下であれば、データ使用量を心配する必要はありません。基本的に自宅ではWi-Fiを用い、外出時にはメッセージングアプリやソーシャルネットワーキングサービスの軽い使用に留めるなら、月1GBのデータプランで事足りるでしょう。

中程度のモバイルデータ利用者向け: 月3GBから5GBプランの適用性

Wi-Fi環境での大容量データ活動を心掛けつつ、外出時にもインターネット閲覧やソーシャルメディアの利用が日常的な方々は、月間3GBから5GBのデータプランが適しています。外での動画視聴や大量のデータダウンロードを控えることで、このデータ範囲を維持できます。しかし、頻繁なウェブサイト閲覧やナビゲーションアプリの使用など、日常的なデータ使用が積み重なると、月間3GBを超える可能性もありますので、この利用量を基準にプランを選択することが推奨されます。

動画とゲーム愛好家のためのデータプラン: 月7GBから10GBの必要性

通勤や休憩時間にWi-Fi環境がない場所で動画を視聴したり、ゲームアプリを楽しんだりする場合、月間7GBから10GBのデータプランが適している可能性があります。動画やゲームはデータ消費量が特に大きい活動であり、これらを頻繁に利用すると、あっという間にデータ使用量が増加します。特に、空き時間を利用しての短時間の活動でも、その頻度が高ければ高いほど、月間のデータ使用量は大きくなりがちです。適切なデータプランを選択することで、通信制限のリスクを避け、快適なモバイルライフを楽しめるようにしましょう。

Wi-Fiなしの生活で考慮すべきデータプラン: 月20GBから25GBの範囲

MM総研の調査によると、自宅でWi-Fi環境を持たないユーザーは、Wi-Fiが利用可能なユーザーと比較して平均で約15.88GBものデータを追加で使用していることが分かります。例えば、Wi-Fiがある環境で月7GBを消費している人がWi-Fiなしで生活する場合、そのデータ使用量は月22GBに跳ね上がる可能性があります。Wi-Fi設備を導入することが難しい状況では、月に20GB以上のデータ量を確保することが望ましいです。ただし、データ容量が増加すればその分月額料金も高くなりますが、料金は高くてもデータ使用量を気にせずに済む無制限プランの選択も一つの解決策として考えられます。

みんな、1ヶ月に平均して何ギガくらい使ってるのかな?

株式会社MM総研が発表した「携帯料金の月額利用料金とサービス利用実態(2021年12月時点)」を見てみると、1カ月の平均消費ギガ数は8.95GB。 この調査では自宅にWi-Fi環境がない人や、データ通信量が無制限のプランを利用している人など、常にギガを使用している人も含まれています。2023/10/10

1ヶ月3ギガってどれくらい?格安SIMで一般的な3GB(ギガ)ってどれくらいのデータ量なの …❓

3GBで送受信できるデータ容量の目安 ちなみに月3GBを30日間で割ると、1日当たり約100MBになります。 100MBと聞くと少なく感じるかもしれませんが、スマートフォンでメールやWebページを見ているだけなら、1日ではなかなか使い切れないデータ量です。

1時間YouTubeを見ると何ギガ消費しますか?

YouTubeの視聴で消費するデータ通信量を表にしてみたので、参考にしてください。

画質視聴時間
30分1時間
480p約248MB(約0.24GB約495MB(約0.44GB
720p約563MB(約0.54GB約1,125MB(約1.1GB
1080p約1,125MB(約1.1GB約2,250MB(約2.2GB

ギガが足りない時はどうすればいいですか?

それでは「ギガがない」状態になってしまったらどうすればいいのでしょうか。 その解決策のひとつが通信容量を増やすことです。 契約している通信キャリアのサイトで容量を追加購入し通信制限から回復できますが、料金が高いため注意しましょう。 もうひとつの解決策はWiFiを利用することです。今回は、契約なし・端末の返却なし・縛りなし・クレジットカードが無くても買えるプリペイド式買い切りポケットWiFiに注目していきます。

キャリアの追加ギガは高すぎる!!

auデータ追加料金
au公式サイト 引用

買い切りポケットWiFiの追加ギガチャージ(購入)なら、1GB換算で64.8円

買い切りポケットWiFiのメリット

買い切りポケットWiFiには、以下のようなメリットがあります。

月額料金がかからないので、コスパが高い

通常のポケットWiFiは、月額料金や契約期間、解約手数料などが発生するので、コストがかかります。しかし、買い切りポケットWiFiは、端末とギガを一括で購入するだけで、その後の費用はかかりません。例えば、[リチャージWiFi]は、100GB付きの端末が25,480円で、追加チャージは100GBで6,980円です。これに対して、通常のポケットWiFiは、月額料金が3,000円程度で、2年間使うと約72,000円になります。つまり、買い切りポケットWiFiは、通常のポケットWiFiよりも約3分の1のコストで済むということです。

さらに・・・

ギガが無くなったら自由に追加できるので、使い勝手が良い

通常のポケットWiFiは、契約したプランに応じて、月々のデータ通信量が決まっています。しかし、実際には、使う量は月によって変わるものです。使いすぎて速度制限にかかったり使い切れなくてギガが余ったりすることはありませんか?

買い切りポケットWiFiなら、そんな心配はありません。ギガが無くなったら、Webサイトやアプリで簡単に追加できます。また、購入したギガは、1年間有効なので、無駄になることもありません。自分の使うペースに合わせて、ギガを調整できるので、便利です。

国内外で使えるものもあるので、旅行や出張にも便利

通常のポケットWiFiは、国内でしか使えないものが多いです。海外で使おうとすると、別途レンタルや契約が必要になります。しかし、買い切りポケットWiFiの中には、国内外で使えるものもあります。例えば、[ギガセットWiFi]や、[リチャージWiFi]は、日本だけでなく、世界140カ国で使えるモバイルWiFiです。海外でもそのまま使えるので、別途レンタルの手間や費用がかかりません。旅行や出張の際にも、インターネットに困ることはありません。

勿論、メリットばかりではありません。デメリットも、しっかり確認しておきましょう。

買い切りポケットWiFiのデメリット

買い切りポケットWiFiは、通信会社と契約せずに、必要な分だけデータを購入して使えるサービスです。しかし、以下のようなデメリットもあります。

  • 利用データ量が多いとコスパが悪い
    • 買い切りポケットWiFiは、データを都度チャージする必要があります。そのため、ネットを頻繁に利用する人は、月額料金が決まっているポケットWiFiよりも、データ料金が高くなってしまう可能性があります。
  • 知名度が高い会社が少ない
    • 買い切りポケットWiFiを提供している会社は、あまり有名ではない会社がほとんどです。そのため、信頼性やサポートの面で不安に感じる人もいるかもしれません。
  • 5G通信には、対応していません
    • 通信品質にこだわる人には、向いていません。

プリペイド式買い切りポケットWiFiはバッテリー交換が出来ない

バッテリーの交換ができない場合は、バッテリーの寿命に注意してください。バッテリーの寿命は、使用頻度や充電方法によって異なりますが、一般的には2年~3年程度と言われています。

バッテリーの寿命が近づくと、充電が減りやすくなったり、膨張したりすることがあります。その場合は、端末の交換や修理を検討してください。

以上が、買い切りポケットWiFiのデメリットについての説明です。買い切りポケットWiFiは、ポケットWiFiの利用ギガ数が少ない人や、海外でポケットWiFiを利用したい人に向いているサービスですが、デメリットも理解しておく必要があります。

買い切りポケットWiFiの選び方

買い切りポケットWiFiは、メリットが多いですが、注意点もあります。以下のようなポイントに注意して、自分に合ったものを選びましょう。

端末の種類

買い切りポケットWiFiの端末は、通信速度やバッテリー容量、サイズや重さなどが異なります。自分の使い方に合った端末を選ぶことが重要です。例えば、高速通信が必要なら、5G対応の端末を選ぶと良いでしょう。長時間使うなら、バッテリー容量が大きい端末を選ぶと良いでしょう。持ち運びやすさが重視なら、サイズや重さが小さい端末を選ぶと良いでしょう。各端末のスペックを比較して、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

ギガの有効期限

買い切りポケットWiFiのギガは、購入した日から一定期間有効です。有効期限は、端末やサービスによって異なります。有効期限が短いものは、使い切れない可能性があります。有効期限が長いものは、余裕を持って使えるので、自分の使う頻度や量に合わせて、有効期限をチェックしましょう。一般的には、1年間の有効期限があります。

各種ギガ付き端末料金表

インスタント
Wi-Fi

国内海外
ギガセット
WiFi
国内海外
サムライ
チャージ
WiFi
国内海外
リチャージ
WiFi
国内海外
トマルヨ
WiFi
国内海外
100GB
22,800円
実質端末価格
16,320円
100GB
25,380円
実質端末価格
18,900円
100GB
32,980円
実質端末価格
26,000円
100GB
25,480円
実質端末価格
18,500円
100GB
29,800円
実質端末価格
23,320円
30GB
19,800円
30GB
23,380円
60GB
31,480円
50GB
23,980円
50GB
27,800円
10GB
22,880円
10GB
27,980円
30GB
22,980円
30GB
26,800円
5GB
17,800円
5GB
20,880円
5GB
20,480円
10GB
25,800円

実質端末価格とは、チャージ料金を差し引いた金額です。

追加チャージの料金や方法

買い切りポケットWiFiのギガが無くなったら、追加チャージができます。追加チャージの料金や方法は、端末やサービスによって異なりますが、追加チャージの料金は、ギガあたりの単価で比較しましょう。追加チャージの方法は、Webサイトやアプリで行いますので、自分の支払いや操作のしやすさに合わせて、追加チャージの方法をチェックしましょう。

追加
チャージ
料金
ネオチャージ
WiFi
リチャージ
WiFi
365
チャージ
WiFi
インスタント
Wi-Fi
インスタント
Wi-Fi
ギガ有効期限365日365日365日365日30日
100GB6,480円
月額換算
540円
6,980円
月額換算
581円
6,480円
月額換算
540円
6,480円
月額換算
540円
3,180円
60GB4,980円4,950円
50GB4,980円4,580円2,780円
30GB3,280円3,280円3,278円3,580円2,480円
20GB2,860円
10GB1,980円1,480円1,480円1,980円1,480円
5GB1,380円980円
1GB980円980円

毎月のデータ量によっては365日追加チャージなしで使える!

もし100GBのデータが含まれるプリペイドWiFiを選択する場合、月間8.3GBまでの使用であれば、1年間で100GBを使い切ることが可能です。このため、初回購入後は1年間追加のチャージが不要になります。このアプローチはスマートなデータ管理を実現し、長期的に見てもコスト削減に繋がります。特に車内専用のWiFiとして使用する場合、このデータ量で十分足りる可能性が高いです。限られたデータを効率的に使用することで、コストパフォーマンスに優れ、日々の通信ニーズにも対応できるため、この方法は経済的かつ実用的な選択肢と言えるでしょう。

仮に、ネオチャージWiFi100GB 6,480円でチャージしたとしましょう。毎月8.3GBなら12ヵ月で99.6GBです。6,480円÷12ヵ月=540円!例えば、auのpovoで、5分以内かけ放題毎月550円とネオチャージWiFi100GBを併用した場合。月額換算で550円+540円=わずか1,090円で済んでしまう計算です!毎月8.3GB使ってわずか1,090円。追加チャージ料金は前払いなので、毎月の固定費は550円だけ!!突然WiFi端末が故障してしまってもpovoで回避できます。ありそうで、なかった次世代のポケットWiFiの新常識。無駄な通信費を賢く節約しましょう!

1GBあたりの金額※100GBの場合

  • リチャージWiFi/69.8円/1GB
  • サムライチャージWiFi/69.8円/1GB
  • 上記以外は、64.8円/1GB

おすすめの買い切りポケットWiFi

買い切りポケットWiFiは、様々なサービスがありますが、それぞれに特徴があります。ここでは、おすすめの買い切りポケットWiFiを3つご紹介します。

リチャージWiFi

「PR」

面倒な手続き全部無し!+【リチャージWiFi】

「PR」