PR

米倉涼子 第2回横浜国際映画祭に出席。困難な持病も大分元気になった

米倉涼子 NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

「第2回横浜国際映画祭」に、アンバサダーとして参加した女優の米倉涼子(48)さん。神奈川・横浜で4日に開催されたこの映画祭で、彼女は豪華な俳優、女優陣と共にレッドカーペットを歩きました。その後、報道陣に囲まれながら、彼女は19年に発症した持病について語りました。この日の彼女の姿は、勇気と希望を示すものでした。

米倉涼子 第2回横浜国際映画祭に出席。困難な持病も大分元気になった

「日本が誇る文化と芸術の街、横浜。その美しい港町で開催される映画祭は、映画と横浜の魅力を国内外に広く伝えることを目的としています。

このイベントは4日から6日までの3日間にわたり開催され、レッドカーペットの歩行だけでなく、船上パーティーやプレミア上映、トークショー、野外上映など、さまざまな魅力的なイベントが予定されています。

19年に低髄液圧症候群を発症し「(病気と)付き合っていかなきゃいけない状態になりました」と説明。この病気は、脳と脊髄の周りを満たす髄液が漏れることによって、頭痛、めまい、首の痛み、耳鳴り、視力低下、全身倦怠感などの症状が現れる。また、治療法や診断方法も確立されておらず、完治が難しいと言われている。

その中でも注目を集めたのが、華やかなドレスを身にまとい、優雅に微笑みながらレッドカーペットを歩いた米倉涼子さん。彼女は「大分元気になった」と微笑み、自身の持病との闘いを語りました。「チャレンジすることを今までがむしゃらにやり過ぎてて、次のチャレンジにいくためにまずは、自分のベースを作って生き直したいなって、我慢をチャレンジしてる。自分作りをチャレンジしている」と告白しました。泳ぐことができない彼女ですが、「ビート板を使って泳ぐ練習してみたり、身体づくりにチャレンジしている」と語りました。

また、米倉さんは22年に出演したラジオ番組で、「だんだん真っすぐ歩けなくなるんです。(病気の影響で)いつセリフを間違えるかも分からないし、いつ転ぶかも分からない。ちょっと不安です」と正直な思いを口にしました。しかし、その上で「挑戦できることはしたい」と覚悟を話していました。これらの言葉は、彼女の強い意志と前向きな姿勢を示しています。」

「低髄液圧症候群」2019年10月7日 を振り返る

女優米倉涼子(44歳)は7日、東京都港区のテレビ朝日で開催された自身が主演を務めるドラマ「Doctor-X」(17日開始、毎週木曜21時)の制作発表会見に参加し、低髄液圧症候群という病気を患っていたことを公表しました。

会見の冒頭で米倉さんは、「この後、30分くらい話しても大丈夫ですか」と前置きした上で、「このドラマの前にミュージカルをやっていました。アメリカと日本で。その1カ月くらい前に病気になりました。低髄液圧症候群という病気で、脊髄に傷が入り、脳の髄液が落ちていきます。その結果、まっすぐ歩けなくなったり、やる気がなくなったり、本当に2週間安静にしなければならなかった」と語りました。

「本当にこのまま…どうしようと思いました…回ったり、飛んだりするので、一曲やると、ご飯を食べていても気持ち悪くなり、本当にこのままDoctor-Xも出来なくなるのではないかと思いました」とも述べました。

しかし、「Doctor-X」の監修担当が脳外科医だったため、「いろいろなアドバイスを頂き、処置も受けました。アメリカに行ったときも、いろいろな紹介をしてもらい、なんと舞台に立てるようになりました」と、治療を経て回復したことを明かしました。「今は全然元気なので」と笑顔を見せ、「この場をお借りして、その先生方に感謝の意を表したい」と話しました。

「Doctor-X」は前シリーズの最終回で主人公の大門未知子が病気になる展開となりました。「その時に『外科医も、医者も患者になるべきだ』というセリフがありました。本当に医者に頼る気持ち、的確な意見、アドバイスと処置を直ぐに求める気持ちというのは、こういうことなんだということが実感できました」と、自身の経験を重ね合わせて語りました。

そして、「患者の心に寄り添う医療は非常に重要だと思いますが、やはり的確で迅速な意見を出す先生が求められていると改めて感じ、今回大門未知子に挑む気合が入っています。医者を演じてきた上で、自分自身の経験を通じてまた違った視点で見ることができるようになりました」とも述べました。今回は「ちょっと、優しい大門未知子になっているかもしれません」とも付け加えました。

低髄液圧症は、「髄液圧」が本来一定であるべきなのに低い状態で、起き上がると頭痛が増したり、めまいや吐き気、耳鳴りや、全身が疲れやすくなるという症状が出ます。米倉さんは今年の7~8月にアメリカのニューヨークと日本でブロードウェーミュージカル「シカゴ」に主演しました。

高視聴率を続けるドラマシリーズは今回が第6弾となります。前シリーズまでの舞台だった「東帝大学病院」が倒産寸前の危機に直面し、新たな権力闘争が激化します。そんな中、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器のフリーランスの医師、大門未知子が白い巨塔に帰ってきます。

米倉涼子:女優としての成長を続け、海外でも視聴される作品に参加する自分を目指す


48歳の女優、米倉涼子さんが4日に神奈川県横浜で開催された「第2回横浜国際映画祭」にアンバサダーとして参加しました。

レッドカーペットのセレモニーが終わった後、米倉さんは報道陣の取材に応じ、2019年に診断された持病について語りました。

このイベントは、日本を代表する港町であり、文化と芸術の街である横浜の魅力と映画を国内外に発信することを目的としています。

3日間にわたり、レッドカーペット、船上パーティー、プレミア上映、トークショー、野外上映など、さまざまなイベントが開催されます。

米倉さんは、デコルテと背中が大きく開いた、海をイメージした青いロングドレスで登場し、レッドカーペットを歩きました。

アンバサダーとしての任命を喜び、地元横浜での開催について、「横浜の港が見えるレッドカーペットで、とても爽やかで幸せな気持ちになりました」と笑顔で語りました。

また、「この映画祭がさらに盛り上がり、日本を代表する映画祭になることを期待しています」と述べ、「私自身も、出演できるような作品に関われるように、女優としてのスキルを磨いていきたい」と意気込みを語りました。

これまでに、映画やドラマなど多くの作品に出演してきた米倉さん。「海外でも視聴される作品に関われるような自分になりたい」と語りました。

「私、失敗しないので」というキャッチフレーズのフリーランスの外科医、大門未知子役が評価され、2012年から主演するテレビ朝日の「ドクターX」シリーズで国民的な女優となった米倉さん。2020年3月に27年間所属した芸能事務所「オスカープロモーション」を退社し、独立しました。プライベートでは、ショーダンサーや振付師として国内外で活躍するアルゼンチン人男性との交際が順調だと報じられています。

◆米倉涼子(よねくら・りょうこ)は1975年8月1日生まれで、神奈川県出身の48歳です。1992年に「全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞しました。その後、「CanCam」の専属モデルを経て、2000年にTBSのドラマ「恋の神様」で女優デビューを果たしました。2012年には米国ブロードウェーのミュージカル「CHICAGO」に主演しました。身長は1メートル68で、血液型はB型です。