PR

【衝撃動画】吉野家でのカスハラ事件:TikTok動画が炎上、おじさんの行動に注目

吉野家カスハラおじさん NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

【特定】「カスハラおじさん」の事件が起きたのは、東京・新宿区にある吉野家の店舗でした。大手外食チェーン・吉野家の店内で、激しくキレまくるカスハラおじさんの姿がTikTok動画に撮影され、SNS上で大きな話題になっている。

【衝撃動画】吉野家でのカスハラ事件:TikTok動画が炎上、おじさんの行動に注目

「カスハラおじさん」の事件が起きたのは、東京・新宿区にある吉野家の店舗でした。

吉野家側は、「個別事案の詳細は控える」とコメントしています。

発端は、あるTikTokユーザーが投稿した動画だった。その動画には、「あんたはさっき店長っていったよね。

俺に嘘ついたの」と言いながら、スマホを片手に激しく店員に詰め寄る1人の中年男性の姿が映し出されていた。

この男性、通称「カスハラおじさん」は、自身の注文ミスを棚に上げ、「こんなに食えるか!」と、店員に対して怒りをぶつけていた。

その様子を捉えた動画は、投稿者によって「こういうクレーマーうざ!客は神様でもなんでもないんだよ!」と紹介され、SNS上で瞬く間に拡散された。

カスハラおじさんは、店員の態度や反応をひとつも逃さないとばかりに、スマホで動画撮影していた。

しかし、その行動が他の客によってスマホに収められ、全国に拡散されるとは思ってもみなかったであろう。この動画は現在もSNS上で拡散を続け、「完全な営業妨害だろ」と呆れる声が続出している。

近年、飲食店などのサービス業で横行しているのが「カスタマーハラスメント」だ。

ラーメンに大量のつまようじを投入したり、店員につかみかかりラーメンを床にぶちまけるなど、横暴な行動を取る客が後を絶たない。

コンビニ大手のローソンではカスハラ対策として、店員の名札を「イニシャル表示」にできるようルールを変更。5月下旬から店舗ごとの判断で実施している。

今後は、あまりにも横暴な客に対しては、店側も断固たる措置をとる流れが主流になるだろう。

公開された動画に関しては、プライバシーの問題を指摘する声もある。一方で、これがきっかけでカスハラへの関心が高まることを期待する人も少なくない。今後はカスハラに対する個々の意識改革が求められるだろう。この事件を通じて、私たちはどのようにしてカスハラを防ぐことができるのか、そしてどのようにしてより良い社会を作り上げることができるのか、改めて考える機会となった。この問題が、これ以上大きくならないことを願うばかりだ。

動画解説FNNプライムオンラインより

新宿京王モール店でカレー二つ自分で間違えて頼んだのにこんな食べるわけないだろとブチギレる客
しまいには誰かにスプーンを投げられ警察沙汰