PR

東京都の新マッチングアプリ手続きの課題と結婚相談所との新たな選択肢

都のマッチングアプリに必要なこと NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

2023年、日本の合計特殊出生率が1.20に落ち込み、出生数も72万7200人という過去最低を記録する中、東京都は新たな解決策を模索しています。それがマッチングアプリの開発です。現在、このアプリはテスト運用の段階にあり、今年の夏には一般公開される予定です。

東京都の新マッチングアプリ手続きの課題と結婚相談所との新たな選択肢


東京都が開発中のマッチングアプリは、18歳以上の独身者を対象に、身分証明書や独身証明書、年収証明などの個人情報を必要とします。オンライン面談後、AIが相性を判断し、相手を紹介します。

SNSでは手続きの面倒さや都の関与に対する賛否が見られますが、都は「自治体が提供するサービスで安心感を提供し、婚活のきっかけになる」と述べています。一方、マッチングアプリジャーナリストのこいでまほ氏は「安心なマッチングアプリの開発は素晴らしい」と評価しています。

東京都立大学大学院の高橋勅徳氏は「結婚相談所と同じシステムをより安い価格で利用できるため、需要がある」と述べています。都は婚活事業に2年で5億円を投じ、今回のアプリは有料化も検討中です。しかし、登録の手間と課金によるユーザーの脱落が懸念されています。

こいで氏は「15項目の入力は当然で、面倒だと感じる人は向いていない」と指摘し、「所得証明により男性の年収が見られるため、”結局、財力か”となるのではないか」との懸念を示しています。

自治体が進める婚活サービス


自治体主導の婚活サービス「恋たま」は2万人が登録し、458組が成婚しました。一方、「きょう婚ナビ」は所得証明なしで1年で2000人以上が登録し、約100組が成立しました。

リディラバ代表の安部氏は、結婚と所得の関連性を指摘し、少子化対策のコストパフォーマンスについて考察しました。また、マッチングアプリのビジネスモデルについて語り、行政の役割により結婚を最大化する可能性を示唆しました。

近畿大学情報学研究所所長の夏野氏は、女性の就業の変化と結婚の意義について語り、選択肢の増加は良いことだが、結婚を悪用する人々に対する懸念を示しました。彼は、東京都が真剣な目的でマッチングアプリを開発することが社会的に良いと述べました。

(『ABEMA Prime』より)

アプリの評価


東京都がマッチングアプリを開発するというニュースは、確かに興味深いですね。このアプリは『TOKYOふたりSTORY AIマッチングシステム』という名前で、2024年からの提供が予定されています。

このアプリの特徴は、信頼性と安全性を重視している点です。具体的には、顔写真付きの本人確認書、独身証明書、または戸籍謄本の提出が必要となります。これにより、ユーザーの婚姻状況や年収を偽ることができず、安全なマッチングが可能となります。

また、このアプリは結婚相談所に近いサービスを提供しているとも言えます。しかし、結婚相談所のように高額な費用を必要とせず、よりリーズナブルに利用できるという点が大きなメリットとなります。

一方で、手続きが面倒であるという声もあるようです。しかし、その手続きにより、安全性と信頼性が確保されていると考えると、手間をかける価値があるとも言えるでしょう。

以上の点を考慮すると、このアプリは、結婚に真剣な人々にとって有益なツールとなる可能性があります。また、行政が主導することで、マッチングアプリに対する一般的な認識や信頼性も向上するかもしれません。ただし、その効果は実際にサービスが開始され、利用者の反応を見てから判断するべきでしょう。

結婚相談所とマッチングアプリ、それぞれの利点を比較

結婚相談所の利点

  • 専門的なサポート:専門家のカウンセリングが受けられ、効果的なマッチングが期待できます。
  • 信頼性と安全性:登録者の身元や独身証明が必要なため、信頼できる相手と出会えます。
  • 真剣な出会い:登録者は結婚を真剣に考えている人が多いため、結婚につながりやすいです。
  • 成婚後のサポート:成婚後にサポートを受けられる結婚相談所もあり、トータルのコストを抑えることが可能です。

マッチングアプリの利点

  • 自宅やスキマ時間で出会いを探せる:スマホ一台あれば、好きな時間・場所で出会いを探すことができます。
  • 多様な目的で利用できる:飲み友達や恋人探しなど、さまざまな目的で利用できます。
  • 会う前に相手の情報を知れる:プロフィールを見ることで、相手の容姿や基本情報を事前に知ることができます。
  • 手頃な料金で利用できる:基本的に女性は無料で、男性も比較的安価な料金で利用できます。

それぞれには利点がありますが、自分の婚活の目的やライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。結婚相談所は真剣な出会いを求める方に、マッチングアプリは気軽に多くの出会いを求める方に向いていると言えるでしょう。どちらも婚活の一環として有効に活用できます。

業界の意見は?都がライバルになると思うのですが?

東京都がマッチングアプリを開発するというニュースに対して、業界からは様々な意見が出ています。

市場の成長と変化への対応:東京都がマッチングアプリを開発することで、市場全体が成長し、多様化する可能性があります。これは、新たな競争相手が出ることで、既存のマッチングアプリもサービスの改善や革新を迫られるという意味です。

安全性と信頼性の向上:東京都が主導するマッチングアプリは、身元確認や独身証明など、徹底した安全対策を謳っています。これにより、業界全体の信頼性が向上し、ユーザーにとっても安心して利用できる環境が整う可能性があります。

行政との連携:東京都がマッチングアプリを開発することで、行政とマッチングアプリ業界との連携が進む可能性があります。これは、行政の支援や協力により、業界全体が発展するという意味です。

一方で、都がライバルとなることに対する懸念もあります。都が提供するマッチングアプリは、手続きが面倒であるという声もあるようです。しかし、その手続きにより、安全性と信頼性が確保されていると考えると、手間をかける価値があるとも言えるでしょう。

以上の視点から見ると、東京都がマッチングアプリを開発することは、業界全体にとって新たなチャンスと課題をもたらすと言えるでしょう。ただし、その効果は実際にサービスが開始され、利用者の反応を見てから判断するべきでしょう。