PR

松本人志、復帰への確信とその理由 – A子さんとB子さんに関する最新情報

松本人志、活動再開への確信とその理由 - A子さんとB子さんに関する最新情報 NEWS(総合)
Gifts That Make You Happy to Receive

ダウンタウン松本人志(60)は、活動再開を諦めていないどころか、自信を深めているという。 それは、なぜか?

松本人志、復帰への確信とその理由 – A子さんとB子さんに関する最新情報

松本人志が週刊文春とその発行元である文藝春秋に対して起こした訴訟について、6月5日にオンラインで非公式の弁論準備手続きが行われました。松本側は、告発者であるA子さんとB子さんの詳細な情報を求めていましたが、松本の代理人である田代政弘弁護士によれば、この要求は無視されたとのことです。

文春側の喜田村洋一弁護士は、第1回口頭弁論後に「そういうことを求めるということはちょっとおかしいんじゃないですか」と疑問を呈していました。これにより、松本側の要求が無視されたのは当然の結果と見られています。

では、なぜ松本はA子さんとB子さんの特定にこだわっているのでしょうか。

「松本側は、A子さんが文春誌上で『今後、裁判になったとしたら証言台で自分の身に起きたことをきちんと説明したいと考えています』と決意表明しているにもかかわらず、求めに応じないことから、A子さんのことをなりすましではないかと疑っているからのようです」(お笑い関係者)

しかし、喜田村弁護士は、既に嫌がらせに遭っている女性2人を証人として出廷させることはないと述べています。

松本人志、「同意ない性行為はしていない」と主張

松本は、女性の同意を得ずに性的行為を強制したことは一度もないと主張しています。そのため、性的行為の強制を訴えるのであれば、まずは被害者とされる女性を特定しないと、その女性が実在するか否かが判断できないとしています。

「第1回口頭弁論後に、A子さん、B子さんの素性がSNSに出回りましたが、吉本興業関係者も水面下でA子さん、B子さんについて調べていて、2人についてある決定的な情報を入手していると聞いています。松本が自信を深めている背景にこうしたことがあるようです」(前出・お笑い関係者)

先月30日、Prime Videoで配信されている松本プロデュースの「HITOSHI MATSUMOTO presents FREEZ」が、ポルトガル最大手テレビ局TVⅠにフォーマット販売されると発表されました。

これについて松本は次のようにコメントしています。

「『ドキュメンタル』に続き自分の笑いが世界に拡がっていくことはうれしいです。どんな出来になっているのかとても楽しみです。是非ご覧ください」

次回の8月14日に、文春側から「具体的な主張と証拠をすべて出す」という申し入れがあったとのことです。松本が復帰への自信を深めているという思惑通りに事は運ぶのでしょうか。これからの展開が注目されます。

A子さんとB子さんについておさらい

A子さんとB子さんは、松本人志氏に対する告発を行ったとされる人物です。具体的な詳細は公には明らかにされていませんが、以下に一部の情報をまとめてみました。

■A子さん: 約8年前の15年冬、「グランドハイアット東京」のスイートルームで行われた飲み会に参加したとされています。飲み会参加者は女性3人、松本、A子さんを誘ったとされるスピードワゴン・小沢一敬、有名放送作家X氏でした。

■B子さん: 15年(A子さんの飲み会の3カ月前)に「グランドハイアット東京」で行われた飲み会について証言しています。やはり小沢から誘われたということです。

ただし、これらの情報は報道によるものであり、確定的な事実ではない可能性があります。

また、プライバシーの観点から、具体的な個人情報は公には出されていません。

この件については、法的手続きが進行中であり、最終的な結論は裁判所の判断に委ねられています。

それぞれの人物の詳細な情報や現状については、公には明らかにされていないため、詳細を提供することはできません。

ご理解いただけますと幸いです。

松本人志、VS文春裁判で5億5000万円の損害賠償と完全勝利へ


ダウンタウンの松本人志(60)が「週刊文春」に対する裁判を進めています。松本は、女性に対する不適切な行為を報じた文藝春秋などに対し、5億5000万円の損害賠償と訂正記事の掲載を求めています。裁判はオンラインで進行し、松本側は休業期間の損害を上乗せする可能性を示唆しています。

一方、文春側は次回の弁論で記事の真実性を立証する予定です。松本はテレビから姿を消してから5ヶ月が経過し、一部からは復帰を望む声が上がっていますが、厳しい意見も存在します。

松本は自宅で後輩芸人を招いて食事会を開いており、裁判が始まった後も続けています。これらの情報は、松本が強気の姿勢を維持していることを示しています。

松本人志、”完全勝利”を目指す


お笑い界の頂点に立つ松本人志の自宅は、共演者であるバナナマンの設楽統と小池栄子も訪れたことがある豪華マンションです。その広大な玄関は30人が寝ることができるほどで、設楽はその大理石の床で寝たこともあります。

松本の自宅は都内の一等地にある超高級マンションで、そこで後輩芸人や仕事仲間との食事会が開かれています。裁判が始まってからも、その食事会は続けられています。

松本は活動を休止してからも元気で、裁判については最後まで戦う強い意志を持っています。その意志は、休業分の損害を上乗せするという戦略にも表れています。

一方、文春側も全く引くつもりはありません。5億5000万円の請求に加えて、さらに休業分も上乗せして払うことは絶対にあり得ないと考えています。次回の8月14日には、記事の真実性を立証するものが出てくるかもしれません。

双方が和解する可能性は現状では低いと見られています。裁判は長期化が予想され、数年かかる可能性もあります。

松本のテレビ復帰はまだ先になりそうですが、SNSでは復帰を期待する声が多数上がっています。今後の展開が注目されます。